Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

第5回 日の出ツーリング その4

      2016/01/02

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

前回までの記事はこちら その1 その2 その3

 

エンジンが始動し、 自分は高根沢町のコンビニへ急ぎました。

2014-01-05 06.12.37.jpg

コンビニには会社の同期が一人待っていました。

程なくもう一人やってきて、集合時間少し過ぎて出発する頃にもう一人。 自分を含めて合計4人で出発、芝ざくら公園に向かいます。 CB1300SB, TRX850, KDX125, そしてZ400LTDというノージャンル。 着膨れたアラサー集団が、松の内の夜明け前から走ります。 ルートはこんな感じ。

 

大きな地図で見る 片道15km。20分も走れば到着する距離です。

 


●寒さについて

良くこのツーリングの話を人にすると、 「寒くないの?」と聞かれるのですが、 そりゃ寒いです。

でも実際のところ、体、すなわちBODYはそんなに寒くない。


今回の装備は、 起毛インナータイツと、ヘビーオンスジーンズをはき、 半そでと長袖のヒートテックTシャツを着込む。裏地がナイロンになっているジャケットを着て、冬物ジャケットを着用。 あと靴下にホッカイロを張る。

 

こんなもんです。 いくらか寒さに強いという僕の身体的特徴も有るでしょうが、 これで自分は氷点下でも何とか走れます。

一番重要なのは、ナイロンジャケット、もしくは薄手のウインドブレーカー

これは必須です。風が服の中に入ってこなくなるので、体温が奪われなくなります。

ヒートテックの力を発揮するには、ナイロンジャケットが必須。

 

それからネックウォーマーも必要ですね。

首を暖め、できれば鼻まで覆えるタイプを準備できればベストです。

 

あと今回は装備しませんでしたが、意外と馬鹿に出来ないのがプロテクター。

特にニーシンガードは予想外の暴風効果を持っていて、 装着していると膝が冷たくなりにくいという嬉しい副作用があります。 一番厳しいのは手指と足の指です。。。。 今回厚手の靴下にホッカイロを張ったら、 足の指へのダメージはかなり軽減されました。 問題は手指。コレはみんな口をそろえる問題です。

 

  • 「クラッチが上手く切れない」
  • 「ウインカーを出せない」
  • 「指が終わる」

 

これ迄色んなグローブを試しました。

バイク用のゴアテックスの手袋を装着しても、 操作性を犠牲にしてスキーグローブを装着しても、 関節を動かすたびに音がでそうなほど冷え切る指を、 走行風から守る事はできませんでした。

グリップヒーターかナックルガード、 もしくはこういうハンドルカバーをつければだいぶ変わるんでしょうが・・・。

年に何回も乗るわけでないし、 設備投資&取り付けに時間書けるのもなぁ…、という感がつきまとってしまうのです。

 

 

●公園に到着

2014-01-05 06.43.16-2.jpg

そうこうしているうちに芝ざくら公園に到着しました。 皆さんエンジンで手を温めます。

 

2014-01-05 07.35.57-1.jpg

しばらくすると重低音かつパルシブなツイン音が聞こえてきて、 KTM RC8が登場。これも会社の同期。

「あけましておめでとう~」 「今年は去年よりは寒くないね~」 等と新年の挨拶を交わし、 年始から動いてくれる僕らの味方、 自販機で購入した温かい缶コーヒーを手に日の出を待ちます。

 

2014-01-05 06.43.36.jpg

まだ夜明け前。

かなり明るく写っていますが、山の端に雲がかかっていて、 その影響で明るく見えています。 いつもはこの時間誰一人としていない芝ざくら公園なのですが、 今回は先客がいました。 天体望遠鏡を表に出している車が3台。 月例が新月で、ここ数日天気も良く雲が全く無いコンディションだったので、 新春の観測会をやられたのではないかと思います。

・・・調べた所、しぶんぎ座流星群というのが、前日の1/4にピークだったそうです。

 

窓にしっかり目張りがされており、 準備のよさから只者では無い感が伺えました。

色々な人がこの芝ざくら公園を利用しているんだなと思いました。

 

2014-01-05 06.48.08-2.jpg

それから、天体望遠鏡集団よりも先に目に付いた、いつも我々がバイクを停めるスペースに、 堂々と駐車しているボルボV70。 なぜか車の脇にテントがありました。

この車はもっと只者ではない感じがしたので、 危険を察知して遠く離れた場所にバイクを止めました。

 

 

しばらく談笑していると、 テントの中から人がでてきました。

(ヤバイ、起してしまったかな・・・) (面倒なことにならないといいけど・・・)

 

等と戦々恐々としていたら、

 

 

 

 

 

 

2014-01-05 06.52.56-1.jpg

F川さんでした。 冬休み前に参加の是非を問い合わせたところ、

「旅にでるので未定でお願いします」 との返事をいただいていたF川さん。

来てくれてありがとう! という思いと共に、

 

  • 「そのボルボはいつ購入したのか?知らないぞ?」
  • 「というか、なぜボルボなのか?」
  • 「あなたは朝何時に到着していたのか?」
  • 「車があるのになぜテントを張って外で寝ているのか?」

等といろんな疑問がわいてきました。

2014-01-05 06.48.28-1.jpg

色々聞こうと思っていたら、 おもむろになにやら道具を取り出し、

 

2014-01-05 06.57.20-2.jpg

いきなり火をおこし始めました。

 

F川珈琲 芝ざくら支店の開店です。

 

続きます。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - 日の出ツーリグ