スバルR1のヘッドカバーパッキンの交換+延命処置

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

通勤と保育園の送迎に使っているスバルR1ですが、エンジンのオイル漏れがそこそこ酷いことが、12ヶ月点検で判明しました。

 

いくつか症例を出すと、

  • ヘッドカバーパッキンが間違いなく劣化している。
  • オイルパンもちょっと怪しい。
  • 最悪ファンベルトのプーリーの軸部からも、ちょっと漏れているような兆候も見られる。

 

ということで、あまり良い状態でないことが確実。

 

先日プラグ交換した際に、プラグに大量のオイルが付着していたので、プラグパッキンもかなりやられていそうです。

スバルR1にNGKプレミアムRXプラグを取り付けて見るテスト

 

上記に加えて、ファンベルトもひび割れているようだったので、お世話になっている整備工場に依頼することにしました。

 

整備内容

整備自体は、お預けしてから6時間位で終わりました。

液体ガスケットが硬化するため、放置時間を取ってもらったようです。

 

これが作業内容と部品の一覧。

 

ガスケットは多分こういうやつです。

 

持ち込みにすれば多分部品代がかなり抑えられるとは思います。

ただ抜け漏れがあったら工場が二度手間だし、全部合わせても何万円もするものではないので、全部お願いすることにしました。

・・・実際、サーキュラープラグがなんて必要だだって完全に頭の中から抜け落ちてたし。

 

 

作業工程は、写真を撮影して後で見せてくれました。

ヘッドカバー内の状態は結構茶色い。スラッジ山盛りでひどい状態ではないけれど、まあ距離相応でしょうか、という評価をいただきました。

そんなに距離を走る車ではないので、オイル交換頻度は3000km以内で回して、これ以上酷くならないようにしたいですね。

 

 

ヘッドカバー側は高圧洗浄を掛けていただき、オイル汚れを除去した後にパッキンを組み付け。必要な部分には液体ガスケットも塗布してもらいました。

 

このヘッドカバーですが樹脂製でして、あまり成形精度が良くなく引けや反り、歪みが発生しやすいとのこと。なのでパッキン交換しても、またオイル漏れするという事象が結構あるみたい。

これはR1がというよりEN07型エンジンの持病みたいです。ソレも含めて様子見です。

 

あとエンジン下部もスチームでしっかり洗浄をかけていただいて、油汚れをきっちり落としてくれました。

これで次回以降のオイル交換や整備の際、どこから漏れているかがはっきりします。

 

 

金額

これで工賃込みで2万円ちょっとでした。

洗浄とか液体ガスケットの塗布などの手間を考えると、この金額は安く感じます。

信頼できる工場でしっかり整備してもらい、しばらくは安心して乗れそうです。

 

 

自分の追加処置

あとオマケ的な要素で、オイル漏れ留め剤を追加投与してみることにしました。

 

これです。

NUTECのNC-81plus。エンジンオイルに添加することで、シールを少しだけ膨潤させて漏れを止めるという薬剤です。

自動車ディーラーでも使われているケミカルです。

 

これを説明書に従いエンジンオイル投入口から入れて、30分ほどアイドリング状態で放置しました。

あとは普通に走れば薬剤がじわじわ効いてきて、漏れを止めてくれる・・・・はず。

定期的に下を覗いて様子見です。

 

またR1のエンジンオイルは2.4Lしか入れないので、半分使って次回また入れることにします。

 

 

 

まとめ

hdr

この車は超長期で乗り続ける予定は今のところなくて、来年車検を通したら、売却して次に乗り換えることが濃厚になってきました。

車はまだ決まっていませんが、目星は付けている状況です。

それまでなんとか、最小限の維持費で持ってくれる事を願っています。

だんだん中古車価格もも上がってきていることですしね。

 

若干パワー不足は感じるものの、40km/hくらいで巡航するときの不思議な気持ちよさは、やはり4気筒だなぁと思うものがあります。

もうしばらく、頑張って欲しいです。

 

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です