スバルR1にNGKプレミアムRXプラグを取り付けて見るテスト

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

タイトルのまんまなんですが、通勤&送り迎え用で使っているスバル・R1の交換してみることにしました。

今回はNGKの最高峰プラグ、Premium RXを購入しました。

 

こちらがスバルR1用になります。

いくつか特記)

  • スバルR1は4気筒なので4本必要です。
  • また上記の商品はDOHCエンジンのRグレードのもので、SOHCのIグレードの物は型番が違います。
  • 直噴S/C仕様のSグレードには、PremiumRXが設定されていないようでした。
  • 楽天のほうが若干安そうです。

 

PremiumRXとは

NGKが開発した歴代最強クラスのプラグだそうです。

電極側にちっさい突起が突き出していますが、これは白金のチップが取り付けられているとのこと。

また白い碍子(がいし)側の先端にはルテニウムという新素材が使われているようです。

 

強烈な謳い文句

NGKのHPを覗いてみますと、それはそれは威勢がよい言葉が並んでいます。

こんなすげーもの作ったぞ!という気合を感じます。

 

着火性、燃焼効率性、耐汚損性、耐消耗性、スパークプラグに求められる、

あらゆる性能を高次元で凌駕した高性能スパークプラグです。

 

燃焼効率UP。燃費が良くなる。加速が良くなる。

これは嫌でも期待が高まってしまうというものです。

 

取り付け開始

早速取り付けていきましょう。

 

エンジンルームを覗きます。

 

手前のネジを外します。

 

マイナスドライバーで、ダイレクトイグニッションコイルのカプラー爪を押し上げます。

 

意外と簡単に取れました。

たまにすごく外れない時があるので、今回は良かった。

 

コイルをまっすぐ取り外します。

これは精密部品に該当するものなので、取り扱いは注意を要します。

落下させたりすると結構簡単に壊れるのと、スバルのEN07エンジンのコイルは他の軽自動車と比べて高価なので注意です。

 

 

古いプラグが露出しました。

 

プラグレンチを使ってプラグを外します。

(使ったプラグレンチは、記事の最後に紹介しています)

 

外れました。オイル汚れが結構ついています。

これ純正でイリジウムプラグが指定されているんですが、先端がかなり真っ白です。劣化しているのが見て取れます。

自分が乗り始めたのが2020年の4月で、そこから1年でこんなに汚くなるもんだろうか…?
購入したお店で交換されていなかったのではなかろうか…?

とか思ったりしました。

 

PremiumRXを取り付ける

PremiumRXプラグを取り出します。

 

ピカピカの新品です。

 

プラグレンチに差し込んで装着します。

手締めで締め込んで固くなってから、2/3回転程度で締め込みました。

 

残りのプラグも同様にして交換をしました。

都合15分くらいの作業ですね。

 

 

長男も工具の整理を手伝ってくれました。

工具とか車の道具に興味を持ってくれて嬉しいです。

 

 

交換したプラグ

なかなかのコンディションで、オイルがいっぱい付いています。

こんなにオイルべったりだったプラグは初めてみました。前のオーナーの管理の程度が伺いしれます。

 

2021年3月24日 追記:

これはメンテナンス不良と言うよりは、ヘッドカバーパッキンの劣化だとコメントで教えていただきました。
ご指摘ありがとうございました。

なんでも人のせいにするのは良くないですね。

近々交換を検討します。

 

 

すんげー電極が焼けてるんだよなぁ。。。

ガッサガサ。完全に交換時期でしたね。

これでも走るってんだからすごいわやっぱり。

 

 

交換した感想

作業を終えてテストドライブしてみると、普通に走りました。

というか、始動性の改善とか加速性能とかに関しては、さほど差が出ていないようにも感じます。

この車に関して言えば、見違えるような変化!等を体感できるレベルでは有りませんでした。

 

ただ「おっ」と思ったのが、60km/h以上で巡航する際に、回転のスムーズさと言うか滑らかさと言うか、ザラザラしたものが消えたような感じを覚えました。

スーッと滑るように車が転がって行くようになった気がしました。これは気持ちいいです。

明確にわかったのはここくらいでしょうか。

燃費に関しては今後継続的にウォッチしていきたいと思います。

 

 

まとめ

今回は明確なプラグの違いがわかったわけではないものの、分解してみたらプラグの状態があまりにも良くなかったので、予防的な整備・交換ができてよかったです。

みなさんも定期的に交換をおすすめします。

 

 

↓使ったプラグレンチはこちら。R1のロングプラグでも問題なく差し込めました。

 

以上です。

 

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2 件のコメント

  • あー、プラグのオイルべったりは前のオーナーの管理ではなく、経年劣化によるヘッドカバーパッキンのオイル漏れです…スバル車は漏れ頻度高めです

    交換はそんなに難しくないので、酷くなる前にブログのネタでご自分で交換してはどうでしょう?

    • >タナカさん
      コメントありがとうございます。
      あーそうだったんですね。勉強になります。
      今まで乗った車でここまでひどかったの初めてだったので…。

      確かにネタになりそうなので、部品調べて交換してみます。
      オイル管理があまり良くなかった車であることは確定しているので、ヘッドカバー外して中がどんなになってるかも、見たいような見たくないような…。

      ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です