Z400LTDのフロントフォーク交換が終わりました

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

何回かに分けて書いていた、フロントフォーク交換の最後です。

色々有ったんですが、無事交換できました。

 

↓交換に必要な部品一式(購入リンク付き)

Z400LTDのフロントフォーク オーバーホールの準備

 

↓交換前の部品到着の様子

Z400LTDのフロントフォーク外し

 

 

オーバーホールされたフロントフォーク

M&Dモーターサイクルさんでオーバーホールしてもらったフロントフォークです。

ヤフオクで購入したリプロ品のインナーチューブを使用し、2本で14000円で整備してもらいました(オイル代込)。

非常に丁寧な仕事です。

 

インナーチューブは当然のことながら錆一つ無いピカピカ状態です。

リプロ品なので、部品の工作精度などが心配だったのですが、とりあえず組付け段階までは問題なさそうで良かったです。

 

取付作業開始

フロントフォークが無くなって、リアタイヤとセンタースタンドだけで立っていたLTD。

これにフロントフォークを差し込みます。

いちおうエンジン下にはジャッキを噛ませていました。

 

この様にフロントフォークを2本差し込んで、

ネジをシッカリ締めた段階で、

 

 

通常この様に直立しているLTDが、

 

こうなりました。

台風の影響で少し風が強かったことも有ってか、ジャッキがずれてしまったんです。

 

後輪とフロントフォーク2本で立っているような状態になりました。

 

 

これが起こった直後は流石に

「これはBLOGネタにすらならい状態かも・・・」

というレベルの心の衝撃を受けたので、写真を取る余裕も有りませんでした。

 

ただ、ガツン!とフォークから落下するような形ではなく、重量バランスの関係か、ふわっと前方に着地するような形なったのが幸いでした。

ボトムはしたものの、さほどフォークにもダメージ入っていないはず。

 

はず。。。

 

 

非常事態からの対処

両手で持ち上げようとしたものの、乾燥重量170kgあるバイクを持ち上げるのは一人では不可能でした。

渾身の力で、フロントフォークが地面から上る直前まで持ち上げたんですが、これ以上持ち上げると車体が安定せずに倒れてしまいそうだったので断念。

 

 

いろいろ考えて、本当にいろいろ考えて取った手段は、

 

①まず近所に住んでいる同期のオフロードバイク乗りに連絡を取る。

②タイダウンを4本ほど借用。

 

 

③タイダウンを自転車小屋の天井の隙間に通して、吊り下げる輪を作る。4本中2本のロープを太い柱に通します。この時通すロープは2重にして強度をもたせ、でたらめな結び目を作って強固に締結して絶対に解けないようします。そこにS字フックをかけます。

 

④そして反対側のS字フックはハンドルポストの内側に。

 

⑤後はバイクに跨った状態で、左右のタイダウンを2ノッチずつ交互に絞り上げていき、バランスを取りながら引き上げていきます。

 

さてこれで本当に上がるのか、と心配になりながらも続けていくと、

 

最終的に浮き上がりました。

マジで良かった。安心しました。

天井に引っ掛けた結び目も全然解ける様子もないし、ハンドルも全然曲がる様子もないし、ポストが抜けるような様子もなし。

・・・意外とこの辺の部品頑丈にできてるんだなぁと再認識。

 

ただ怖いので、センタースタンド&リアタイヤで着地させて、ササッとタイヤ取り付けて元に戻しました。

とりあえず無事な状態に戻りました。良かった。

 

 

試走

まず走った印象は、

「フロントが硬い」でした。

 

今までフロントフォーク周りでは、オーバーホール1回、オイル交換2回位の整備経験が有ったんですが、今まで感じたことがない硬さです。

 

あと、戻りが悪い。

沈み込んだ後、あんまり戻ってこない印象がありました。

 

これは慣らし運転的なところがあると思っていて、取り付けたばかりのゴムとオイルが馴染んでいないのだと思います。

おそらく1000km位走ったらだいぶいい感じになってくるでしょう。

その時点で一回オイル交換して、様子を見たいと思います。

実際MORNING RIDEで50kmほど走った感じは、だんだん良くなってきた印象があります。

 

 

多分フルボトムした影響はないと思います。走った後油も漏れていなかったし。。

今度外すときは絶対に釣ります

 

まとめ

とりあえずまともに乗れるようになってよかったです。

タイヤ交換やトップブリッジのグリスアップ等、やりたいことは次から次へと出てきますが、ちょっとずつ整備レベルを上げて長く乗れるようにしていきたいです。

以上です。

 

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です