スプレーグリスとシリコンスプレーで 洗車後のメンテナンスを

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2014-05-172013.08.30-1

洗車のあとにやっておいたほうがいい、注油のご紹介です。

 

使うのは2つ。

 

2016-02-08 09.45.42

メンテルーブというスプレーグリスと、シリコンスプレーです。 

これを使いこなすことで、

  • 動く部分のサビを防ぐことができます
  • エンジンの光沢を保つことができます

それぞれお伝えしていきます。

 

 

まずはスプレーグリスから

 洗車をすると洗剤などの界面活性剤で、各所のグリスとか油脂が飛んでしまう事が多いです。

あと水が入って抜けにくいところが残って、サビが出てきててしまうこともあります。錆びちゃうと、細かいところの動きが悪くなるんですよね。 

それを防ぐため洗車後には、適宜スプレーグリスを吹く。これが手軽で効果が高くおすすめです。

 

url

クレ5-56とかの潤滑剤でもいいのですが、あれって割りとすぐに「飛んでしまう」んです。

ネジを外すときとかの潤滑や簡易的な防錆、室内の蝶番の動きを改善するとかの用途なら問題無いでしょう。

ただ外で使う車とかバイクの、作動する部分の半恒久的な潤滑に関しては、スプレーグリスがベターだと思います。

 

 

size-chain01

 またスプレーグリスは、自転車のチェーン整備や、郵便ポストの動きを良くしたり。あとは自動車タイヤのホイールを交換する際のナットに事前に一吹きして防錆するなど、多くの場所で使える汎用性が高いものです。

 

 

私の経験上、ワコーズのこちらの製品をおすすめします。

他のグリスと比較して、滞留性と高潤滑性能が段違いで高かったです。凄い。気持ちが良いくらいの高性能。

大量にバンバン使うものでもないので、良質なものを購入するほうがベターだと思います。

 

 

 

洗車後の使いどころ

ひとつひとつ見ていきたいと思います。

 

スタンドの付け根

2016-02-08 09.46.00

ステップ

2016-02-08 09.46.07

 

キーシリンダーに少量

2016-02-08 09.45.50

 

ハンドルのレバーの根本

2016-02-08 09.47.27

 

各所のスプリング

2016-02-08 09.46.16

 

各部の稼働部位

2016-02-08 09.46.50

2016-02-08 09.47.05

2016-02-08 09.46.32

 

アクスルシャフトやハンドルポストなどの、定期メンテで取り外すナットのネジ。

(フロントの場合はディスクブレーキローターに油が掛からないように注意)

 2016-02-08 09.46.28

2016-02-08 09.48.15

 

ここいらをスプレーしておくと良いと思います。

ばっちり錆止めになり、動きも良くなること間違いないです。こういう細かいところに気配りできると、整備値があがって、長く乗り続けることができるようになるはずです。

 

 

 

シリコンスプレーの使い方

2016-02-08 09.48.51

さてお待ちかねもう一つが、シリコンスプレーを使ったエンジンの艶出し。

 

これの使い方はかんたんで、

エンジンが冷えた状態で、シリコンスプレーをエンジン表面に噴射する。

これになります。

 

 

2016-02-08 09.49.25

2016-02-08 09.48.59

これだけです。

細いノズルを使って、フィンの間に丁寧に浸透させます。

噴射後、パチパチパチ という泡が弾ける音がして、シリコンがエンジン表面に広がっていくと思います。

 

 

2016-02-08 09.50.11

こうすることでエンジンに艶が出でて、なおかつ表面がコーティングされたような状態になって、汚れがつきにくくなります。噴射後はしばらくそのままで乾燥させましょう。

シリコンは熱に強く、エンジンからの発熱でも蒸発したり変質したりしにくいです。

またとても粒子が細かくてさらさらなので、隙間に浸透しやすいです。また、自動車やバイクで使われている多くのゴムを侵しません。

 

 

シリコンスプレーの選定

untitled

シリコンスプレー自体は1本400~1000円位ですので、比較的安価です。

ホームセンターだと、AZ系の格安品も手にはいります。個人的に匂いがキツく感じるので、あまりお勧めできないのですが。。

 

またシリコンスプレーもグリスと同様に、フスマやサッシ・シャッターの動きが悪い時、プラスチックや木がスレて音がなるといった事象に対しても、さっと吹くだけで改善してくれる非常に高い汎用性を持っています。

とても色んな使い方ができるんです。

 

 

2014-12-03-13.52.14

私の愛車ラシーンにもシリコーンスプレーはたくさん塗っています。

参考:ラシーンのゴム部品をシリコンスプレーで延命する話。

 

 

できればこちらも、シリコン純度が高いワコーズのものがおすすめです。なんかとてもサラサラしていて、内容物の「伸び」が違います。サラーッと広がって浸透していきます。ほんと使っていて気持ちがいいケミカルってあるんだなぁと思うほどです。

しかし結構高価なので、おいそれと使えないのも事実。

 

 

大量に使用する場合などは、呉工業のシリコンスプレーを使うのも良いかもしれません。

ワコーズの品には劣りますが、悪くはないかなぁという感じはします。

 

 

まとめ

 2016-02-08 13.04.56

正直洗車をしたら洗うことで精一杯になって、洗車後の注油まで頭が回っていない方が多いのではないかと思って、この記事を書きました。

洗車して綺麗に拭きあげ、ワックスまで掛けた後で、もう一手間かける。それだけで、バイクの好調な状態をより長くキープできるようになると思います。

参考になれば幸いです。よろしくお願いします。 

 

 

 

めちゃくちゃ反響が有った、ガラスクリーナーを使った洗車方法はこちらのリンクから!

激泡ガラスクリーナーを使ったバイクの洗車

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2 件のコメント

  • たかです。

    とても参考になりました。
    グリスアップはバイクでは絶対必要ですよね!しかし、どこを何でどーしたら良いのかが分からなかったのでガラスクリーナー洗車と合わせてやってみます!
    シリコンスプレーはラシーンのブログで拝見してましたので愛車クラウンにやってやろうと目論んでました。バイクのエンジンにも使えるとは…知識が広がりました(^-^)
    後は実行してみてその効果を実感してみます(^-^)

    それにしても、自分の手を動かして愛車、愛機の手入れをするのは楽しいですね(^-^)今までは車もバイクもショップ任せだったのでこの楽しさを知りませんでした。出来ることから手をつけて楽しんで行きます(^-^)

    ケミカル用品はワコーズが良いみたいなんですね?高価なのには訳があるんですね?

    また遊びに来ます(^-^)

    • >たかさん

      コメントありがとうございます。

      駆動部のグリスアップはイージーなメンテナンスなので、
      ぜひやってみてください。

      自分で整備するのは楽しいですよ。
      面倒に感じるレベルのことは、バイク屋さんに任せればいいと思います。

      ワコーズは、他のケミカルメーカーと比較して、設備や機材、評価方法など手間とお金のかけ方が違います。
      2輪4輪の完成車メーカーも協力して、オイルや新車のコーティングなどを開発しているみたいです。そこでメーカーの評価手法とかノウハウも吸収しているようなので、効き目が高いケミカルを販売しています。

      ラスペネなどの潤滑剤も、油膜の伸び・効きと浸透性が本当に高いです。
      シリコンスプレーに関して言えば、シリコンの純度がやたら高いです。

      使い分けてみると、高い理由が体感できると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です