その他のモーターサイクル

今後W650が値上がりしそうだね、と言う話

更新日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

先日Facebook上で、このW650のカスタム車両の画像をシェアしました。

 

p3

たまたまバイクをイメージ検索していた際、この車両が目に留とまったんです。

一見して、ものすごくバランスが良いカスタムマシンだと思ったんです。

  • 純正タンクにKAWASAKIの大文字エンブレム
  • ホイールはZ400Jのキャストホイールに換装
  • ヘッドライトはブラックペイントされ、センスの良いヘッドライトステーでマウント
  • カスタムシートも主張しすぎずよくマッチ
  • 黒い耐熱布とサイレンサーのコントラストが面白い2in1メガホンマフラー

何より素晴らしかったのが、青・黒・シルバーのカラーリングと、差し色としてばっちり機能しているサイドバッグでした。

 

素晴らしいマシン。

DIYの既製品を組み合わせたカスタムの、極北に位置付けてもよいのではないか。

そう思ってシェアしたところ、60件近い「いいね」が殺到し、コメント欄も大盛り上がりしました。

 

追記(2017/01/06):

オーナーさんから連絡がありまして、執筆された「ホイール換装の記事」を教えてくれました。

かゆいところに手が届く、凄いノウハウです。

 

 

 

やはり素晴らしい車両は人の心を動かすんだな、と、共感できた喜びに浸っていたのですが、

ふと、

 

 

W650の注目度が、ここにきて上がってないか?

という気持ちがよぎったのです。

 

 

 

Wシリーズは再度の終焉を迎えた

615b3bae

つい先日の2016年の中頃に、W800の生産が終了しファイナルエディションが発表されました(公式HP)。

1999年にW650が発表されてから17年。一時的にW800の発表までモデルが途切れる時期があったものの、長きにわたってライダーの心をつかみ続けた美しいバイクでした。

昨今、各メーカーから「ネオクラシックマシン」が多数販売されていますが、その先鞭をつけた機種の一つと言っても過言ではないでしょう。

 

W650-Custom_03

カスタムベースとしても、世界中で注目されています。

僕のBLOGを読んでくれる方の中でも、乗っていらっしゃったり、昔の愛車だったり、購入を検討された方も多いのではないでしょうか。

 

で、中古車市場を見ると、すでに平均価格が50万円に達していました。

これは2017年になっても変わらずです。

FireShot Capture 34 - カワサキ W650の価格相場 I 新車・中_ - http___www.goobike.com_cgi-bin_search_price_range.cgi

 

W800でも70万円程度が相場。W650の高年式・低走行車両の価格は、W800と全く見劣りしないレベルで安定していました。

自分が数年前に見たときは、平均で40万円行かないくらいだったと記憶しています。

・・・既に値上がりが始まっている。

 

76102910155

思うに、ゼファー750や1100が中古車市場で暴騰を見せているのと同じように、W650もぼちぼち更なる高騰を起こしそうな気がしています。

 

そして、800よりも650のほうが、価格上昇の要素を秘めている気がするんですね。

この記事では、自分が見る、W650の価格上昇の要素を列記したいと思います。

 

 

キャブレーターであること

 

インジェクションとキャブで走行フィールの差はほぼ無くなり、むしろインジェクションのほうが始動性や快適性で一枚も2枚も上手な感がある昨今。

ですが「キャブ車」という神通力はまだまだ衰えることが無いように感じます。

W650は90年代最後期の設計であるため、機械的な信頼性も高い車両です。キャブであることのデメリットはきわめて少ないです。

 

 

 

またカスタムをする場合、FCRなどのレーシングキャブに換装できるというのは、チューニングでの伸び代を考えたときに大きな魅力でしょう。

 

 

キックがある

 

W800では取り払われてしまったキックペダル。

年に何回も蹴り飛ばさないパーツだったとしても、有るか無いかであれば、有ったほうがいいに決まっています。

ロマンとはそういうものです。

 

 

カスタムパーツが豊富

FireShot Capture 35 - w650 カスタムパーツ - Google 検索_ - https___www.google.co.jp_search

シートやフェンダーなどの外装カスタムパーツが、中古市場でも数多く出回っているのは大変魅力的です。

W800になると取り付けられないものも幾つか存在するため、販売年数が長かった650のほうに分があります。

 

02

また「ボアアップ」というエンジンカスタム手法があるのも、W650の外せないアドバンテージだと思います。

BEETやPOSH、SP武川など、複数のメーカーからキットが発売されています。大手サイトが作業TIPSを書かれてあったりします。(モトメンテナンスさんの記事)。

 

インプレ記事を探ってみたところ、W800と比較して、排気量はわずかに及ばなくともハイコンプになるため、一発一発の爆発力が強く感じられ、「ボアアップしたW750のほうが、W800よりもバイクの魅力を感じられる」という声も目にしました。

 

 

このようなことから、W650はしばらく価格が上昇したり、高値で推移していくことが考えられます。

 

 

 

今後の動向など

main

現在すでにW650を持っている人は、大切に乗り続ければ、必ず価値が上がってくると思います。

可愛がってあげてください。

 

個人的にW800の生産中止の報を受けて、何かこう、「一つの時代が終わったんだ」という感じがしました。

1033202

カワサキはハイパフォーマンス系の車両が好調で、新生Z/Ninjaシリーズを見ると、1000,800,750,650,400,250,125とほぼすべての排気量で手広くラインナップして、世界的な市場の囲い込みを図っています。

 

 

 

Ninja H2も、市販車で初の400km/hをたたき出すことに成功。

ハイパフォーマンス=カワサキという図式を、また人々の脳裏に刻み込もうとしています。

その中でWシリーズは売り上げも鈍化し、今のカワサキの戦略からは外れてしまったのかもしれません。

 

 

追記:2017/08/09

そしてついに2017年に、カワサキ・レトロバイクの一角を担っていたエストレヤの、ファイナルエディションが発表されました(カワサキホームページ)

元々メグロ・250SGがモデルだったこの車両ですが、最後は650RS W3をモチーフにしたカラーリングをまとっています。

コレでカワサキのクラシカルバイクのラインナップは、一度全て姿を消す事になりました。

 

 

 

一つの時代を背負い、そしてカワサキが役目を終えたと判断したWシリーズとエストレヤ。

ただ彼らが担ってきた、馬力やスピードを最重要視しないライダーたちの受け皿としての役割。これは大きく称賛されるべき「偉業」だと思っています。

 

ある種役目を終えた感があるWシリーズですが、長い間お疲れ様と言いたいです。

今後もWが多くのライダーに愛されて、歴史と人々の記憶に残ることを願ってやみません。

 

 

 

以上です。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

WPLTD




 

AD



このブログで今週人気の記事です

-その他のモーターサイクル

Copyright© Z400LTD.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.