Z400LTDのキャブ調整 ~プライマリジェットの脱落~

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

先日ハンドル交換をした後に試走をしていたのですが、いきなりエンジンが吹けなくなりました。

ブゴゴゴゴゴ!!

という音がして、突然エンジンが苦しく回るような音に。

 

その後ベベリン、ベベリン、という今まで感じたことがない重低音が響き渡るようになりました。鼓動感が半端ない。

 

エンストはしないものの、エンジンの回転数が全然上がらなくなり、最高速度も引っ張って引っ張っても時速35kmくらいしか出なくなりました。

その直前までバイパスを走っていて、ちょうど田舎道に入っていこうというところだったので助かりました。

極力車が通らない道を選んで無事帰宅しました。

 

おそらくキャブのジェットか何かが悪さしているのだろうと思い、日を改め、ちょっと道具を揃えてから開けてみることにしました。

 

 

分解結果

はい、キャブレーターのメインジェット(プライマリ)が外れていました。

こりゃガソリンダダ漏れだ。プラグは真っ黒だよ。

 

このキャブレーター、メインジェットが2系統ありまして、プライマリとセカンダリがあります。

 

赤丸の18番がプライマリ。青丸の16番がセカンダリです。

基本的にこのキャブでジェット調整する時は、セカンダリジェットを交換します。ですがなぜか触ってもいないプライマリが外れていました。

まぁこういうこともあるでしょう。

 

こんな小さい部品一つで、バイクが走ったり走らなくなるってんだから、繊細なものだよなぁと改めて思います。

 

キャブパーツ

キャブセッティング系の部品を取り出します。ストックパーツです。

キースターさんから購入したやつ。

 

今回購入したのが、このチャンバーガスケット。2個。

あっという間に膨潤して膨らんでしまうやつです。950円☓2個。

これも今回手配しました。

 

こんな感じ。ピッタリとハマりました。

 

 

新兵器投入

それからこれも活躍しました。

ベッセルの薄型レンチ。

ドライバーがどうしても入りにくい所なので、薄型でしっかりトルクを掛けられるこいつは本当に助かりました。

使えます。おすすめ。

 

ちなみにネジも当時物のプラスネジから、六角穴付きボルトに変えています。

 

 

言い訳

これもキャブ外してちゃんとやろうよ、って声も聞こえてくるんですが、

子持ちで色々やる中だとなかなか長時間ガッツリハマって作業は難しいです。。。

まあベストは狙わず、ベターで落ち着かせるのも大事ってとこで。

 

 

走行インプレ

走った所、全然問題なくなりました。

吹け上がりも軽快で、80~90km/hくらいまではグイグイ加速します。とても走りやすいです。

 

そこからもう少し回転を上げると、やっぱり5000rmpくらいでちょっと引っかかりがあるんですが、もうココは眼をつぶることにします。

今ほんと暑い季節だし、秋から冬にかけては気温が落ち着いてくれれば良くなるかも。

 

それに今の走行モードとして、高速道路に殆ど乗らず下道を走り回るだけなので、このくらい加速してくれれば十分なんですよね。

安全にみんなで走るってゾーンでは、十分な出力とパワー感です。

それ以上飛ばすと免許なくなるw

 

というわけで無事終了です。

お盆休みの間、朝を中心に少し走れたらいいなと思います。

 

以上です。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です