恐怖!栃木県警、とちぎ県!!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ここは警察署。

LTDで向かいました。

 

おまわりさんにお世話になりました。

よい人でした。

こんな僕にも丁寧に対応してくれました。

俺みたいなもんにも優しくしてくれました。

 

まぁ車庫証明取りに行っただけなんですけどね。

新しく車買ったから。

無事必要書類も揃ったので、その場でディーラーに向け投函。今月中には納車されると思います。

 

気温が低いと充電されない

しかしながら、LTDのバッテリーが、全然充電されていなかったのには驚きましたね。時間どおりに警察署向かえないかと思いましたよ。

いやね、ここ1か月くらい乗っていなかったので、完全放電しているのは予測済。

だから一晩中充電器につないでいたんです。

↑これ。いつものやつ。

それで朝セルを回したら全然元気がないの。

おそらく「スノーモード」という、氷点下近辺で充電させるモードにする必要があったんだと思います。今日は明け方0℃近かったからね。

 

このままだとエンジン掛からないので、バッテリーが痛むらしいからあまりやりたくなかったんですが、ブーストモードという大電流を流すモードで急速充電させて、無理やりセル回して始動させました。

バッテリー充電開始から15分くらいかかったと思います。ちょっと時間がもったいなかった。

 

暖気が終わったLTDは快調そのもので、バイパスをかっ飛ばして走れました。

面白かったです。

 

ワースト記録樹立

あと、警察署で気になったポスターがこれ。

 

ニュースでも話題になっていましたが、栃木県は交差点で人が待っていても車が停まらない都道府県・全国ワースト1だそうです。

なんと停止率0.9%!

100件に1回も車が停まらない。修羅の国の男児の生存率より低い。

 

数年前まで宇都宮市に住んでいた時は、それでもまぁ停まってくることが何度かあったように思います。

いまの宇都宮近郊の町に引っ越してからは、全然停まってくれたことがないです。

 

いま自分は会社に自転車通勤しているんですが、横断歩道で待っていても全然停まってくれないです。

引っ越しておよそ2年たちますが、おととい1回停まってくれたのが初めてでした。おそらくニュースになったからでしょう。

年間200日通勤して、信号のない横断歩道で止まるのがその半分だとして、年間100回。2年目で200回になろうかというタイミングで、ようやく停まってくれました。0.9%は大げさじゃないですね。

 

赤子も無視の壮絶さ

閉口するのは、長男を抱いて信号待ちしているのに停まってくれないことです。直行する車はもちろん、曲がる車も止まりません。

上の画像の左側に、ちびまる子ちゃんみたいな子連れが居ますね。僕がコレに近い状態で、「横断歩道を渡るぞ!」ってオーラをムンムンに出している状態でも、白い車は歩行者を無視して走り去ります。

老若男女問わずです。ママも止まってくれないし、軽トラのお爺ちゃんも加速しながら通過。危ない思いも何度かしました。

 

たぶん歩行者がいて停まるのは「やったほうがいいマナー」とか勘違いしているんじゃないかと思います。

マナーじゃなくてルールだから。

ルールはしゃくし定規に全部守らなくてもいいけど、安全にかかわる部分は守ってほしいから。

 

まとめ

極論すれば、自分の身は自分で守るしかないってことなんだけれども、「大人ルール守ってないじゃん」っていうのは、やっぱよくないと思うんだ。

いろいろと。

そんなことを感じた警察署でした。

皆さんもご安全に。自分も気をつけます。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です