R1のスタッドレスタイヤ交換 15インチ→14インチで問題なし

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

R1のタイヤをスタッドレスタイヤに交換しました。

 

元々R1は、ミドルグレードのRと、スーパーチャージャー仕様のSについて「15インチが純正設計」です。

しかも純正タイヤはコンチネンタル製で1本1万円近くします。軽のタイヤの値段じゃない。

 

なので、ナンカンのAS-1 155/55R15の夏タイヤが装着していました。

多少安いタイヤにしたいという思いからチョイスしたものです。

 

 

インチダウンの可否

で、ちょっと困った噂がありまして、R1はインチダウンできないと聞いていました。

 

ですがいつもお世話になっている車屋さんに見てもらうと、

「ローターやブレーキの寸法から見て、14インチでもいけそうですね」

と言われました。なのでこちらでタイヤを手配し、交換してもらいました。

 

今回14インチへインチダウンしまして、155/65R14のスタッドレスへ。

こちらのほうが一般的な軽自動車に使われれているタイヤで、選択肢がたくさんあり格安だったのです。

(というか純正の155/60R15ではスタッドレスが殆どない)

 

 

交換したタイヤ

購入したのはタイヤはピレリのスタッドレスで、アイスアシンメトリコという銘柄。

2017年製の中古タイヤです。 ヤフオクで出品されていたタイヤ&ホイールのセットを、直接電話で交渉して現状価格(即決価格の9割程度)で購入させていただきました。

 

このお店からは、今までスタッドレス含め、中古タイヤは5セットくらい買ってきました。

もう慣れたもんです。

 

エディックス用のスタッドレスタイヤを買い取ってもらったので、かなり安く購入することができました。

 

 

状態も良好です。 溝も9部くらい残っていますし、タイヤ自体もとてもきれいです。

比較的軽量なアルミホイールが装着されていました。 わずかなガリ傷はあるもの、状態は悪くありません。

ガンメタカラーが気に入りました。

 

いつもお願いしている自動車整備工場にお願いしました。 20分程度で交換してもらいました。

 

インプレッション

正直、こちらのタイヤの方が乗り心地はいいですね。

マイルドで好きです。多少加速感が悪くなった感じもしますが、それでも1日乗ったら慣れました。

 

気になっていたゴツゴツ感が無くなった

ナンカンタイヤAS-1は、 タイヤだけ新品で購入し、純正ホイールに組付けてもらったんです。

その時点で、 「相当硬いタイヤですね」 「組付けだいぶ苦労しました」 と言われていました。

それは乗り味からも感じていて、 凸凹した道を走るときは突き上げが結構気になっていました。

 

元々R1自体がサスペンションの踏ん張りが硬い設定ではあり、特にリアがストローク短くてゴツゴツします。段差の利上げ時は不快でした。

多少農道ワインディングとかで引っ張ったりすると踏ん張ってくれて、直進安定性は良い感じはするんですが。。

 

履き替えたスタッドレスは、インチダウン&ゴム肉厚が増していることもあってか、かなりソフトな乗り味になりました。

個人的には、街乗りメインの今の状況であれば、この柔らかい乗り味の方が好みです。

 

まとめ

履き替えた本日は、2020年度の冬、初めて氷点下に達したようで、ガラスがバキバキに凍っていました。

栃木、高根沢は雪よりも凍結の方が怖いので、これでかなり安心材料になりそうです。

あとゴツゴツしたスタッドレスの見た目も、意外とR1とマッチしているような気もします。

 

あとはタイヤでどのくらい燃費が変化するかも留意したいと思います。

夏場にエアコン回すと、一気に燃費が3km/lくらい悪くなる車なので、影響は出るはず・・・。

 

以上です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です