さよならエディックス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

先日エディックスとお別れしました。

車の乗り換えの為です。

 

このBlogではたぶん1回くらいしか登場していませんが、大変楽しい車でした。

少し記事にして残しておこうと思います。

 

エディックスとは

ホンダが2004年位に作ったミニバンです。

前列に3人、後列に3人、計6人乗れるという奇抜なレイアウトのミニバンです。

奇抜なコンセプトと、当時は広い!と思われた1790mmの全幅が災いし、あまり売れませんでした。モデルチェンジ無しで1代で終了です。

 

ただ乗っている人の評判は押しなべて高く、「荷物と人を乗せてしっかり走れる実用車」という口コミであふれています。

日産のティーノ、フィアットのムルティプラなどが同じコンセプトで有りますが、その中では日本で一番成功した車だと思います。

(ヨーロッパではFR-Vという名前で販売され、そこそこ売れたそうです)

 

 

自分の感想

自分も使っていて、この車の非常に高いポテンシャルを感じていました。

大人4人+子供1人で乗っても全然狭さを感じず、荷室の面積も変わらないというのは本当に素晴らしいパッケージングです。

 

ワイドトレッドでショートデッキというコンポーネントなので、高速道路でも安定していました。全然ふらつきません。

山道でもしっかり踏ん張ります。アンダーもさほど強くなく、ハンドル切り込ませたら回答性も良いです。

重心が低いため、さほど振られることもありませんでした。

 

僕が乗っていたのは前期型のみで設定された1.7Lというグレード。

自分としては「踏めばしっかり加速するんだけど」という印象の方が強く、パワーが出る250ccのバイクみたいな感じ。むしろしっかり回る高回転型のエンジン特性を楽しんでいました。

大人4人と子供1人が乗っていても、高速道路の追い越し車線を苦なく走るくらいの実力は持っていましたね。

 

後期型では、「アンダーパワー」という声が多かったようで消滅してしまいました。やっぱりみんな、下から盛り上がったフラットなトルク特性が好きなんですね。

燃費は8km/L程度。ただ車両価格が乗り出し50万円でおつりがくる程度の安価なものだったので、特に気にせず乗り回しておりました。

 

何より家族3人が前列に収まって、スキンシップを楽しみながら乗るのが最高に良かったです。

子供と触れあいながら、一緒の景色を見ながら走るというのは、何とも代えがたいものがありました。会話がすごく弾むんです。

とてもドライブを豊かなものにしてくれたように思います。

 

今出せば、どうだろう。
スライドドア出ないところが欠点かもしれませんが、そこさえクリアしてしまえばもしかしたら… と思わせるポテンシャルがある車です。

売れるとは言いませんが。

 

手放す理由

で、そんなに気に入っていた車を何故手放したかと言うと、

メインで乗っているかみさんが、「別の車にのりたい!」という欲求が高まったことです。

 

毎日会社へ乗っていて、正直飽きてきたような気がする。

それに、自分が欲しい車に乗りたい。

振り返ってみたら、今まではMINORUが選んだくるまに乗ってきた。

今後の人生のフェーズとかを考えたら、多分今しか乗れない。

だから乗り換えたい。

 

そういった事をぶつけてきたんですね。彼女も車が好きなので。

(実はちょっと前に ”家を買う”、という話もしていて、その話が流れたこともあり、 なら車に…という思考のスライドも有ったようです。)

 

 

 

ただ正直僕としてはだいぶ名残惜しいし、自分としてはもう少し乗る予定でもありました。

エディックス自体、ずーっと昔から興味があった車。

所有してみて、運転して、楽しさを感じられる車でした。

 

 

それから、

安い車を買って、整備値を上げながら乗り潰し、たくさんの車に乗る

というのが、趣味というか、ポリシーみたいな部分もあったんですよね。

 

まだまだ全然乗れる車だし、車検もまだ半年有るし、というか買ってから1年半くらいしか経っていないし、

「もったいないなぁ・・・」という気持ちは間違いなくありました。

 

 

ただこういうのは「流れ」みたいなのもあります。

よい流れに乗れるのであれば、乗っておいた方がいい様な気もしています。

ポリシーも厳格にしすぎると意固地になる。

 

そして自分の長男も4歳になり、これからだんだん親から距離を持ちたがる時期になってくるのかも知れません。

その準備として、「前に大人2人」「後ろに長男」という、明確な区分けがある車に戻してもいいのかな。

そんな風にも思いました。

 

 

買い替え決定

そこからはもう本当に早くてですね。

2週間位でハンコまで押しました。

そこからじっくり1ヶ月位かけて納車整備をしてもらいまして、先日納車されました。

 

 

最後に家族みんなでエディックスをキレイにした時の写真。

これが最後の写真となりました。

 

正直ラシーンを手放すときは、

「もう自分の手に余るところまでは乗ったかなぁ」

という有る種の達成感のようなものが少しは有りました。

ただエディックスはまだ全然調子が悪くなかったので、後ろ髪の惹かれっぷりはラシーン以上だったかも知れません。

(まぁ次の車検時までは10万キロ超えるので、タイミングベルト交換が発生して車検18万円コースは確定したのですが)

 

※ラシーンとのお別れのときの記事
http://rasheen-life.sunnyday.jp/blog/final-post/

 

 

というわけで、

次の車がやってきたわけです。

次の記事で公開します。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です