Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

バイクに乗り始めたきっかけ マグナ50について

      2016/10/09

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

imgres

先日高崎の服屋さん、ナットクロージング&カフェさんで収録された、”NUT TV”という音声対談。

 

34b2abbf

楽しい音声動画はこちらから視聴できます。

 

 

今回は、バイクに乗ったきっかけというテーマでした。

いつもは4人でお話を進められるのですが、今回は3人。

  • このブログでもお馴染みのF川さん:JAZZ
  • ナットクロージング主宰 渡辺さん:エイプ
  • ナットクロージングの店舗担当 高橋さん:エイプ

という見事にホンダの4stMini縛り。

その後にどのようなバイク遍歴を経て行ったかも語られていて、興味深く、面白く聴かせていただきました。

 

otonanoehon_0804

今回、自分もどんなバイクに乗ったてきたかを振り返ってみたくなったので、記事にしてみたいと思います。

例によって長い記事なりそうなので、最初のバイクにとどめます。

 

 

 


初めて乗ったバイク

Honda_MAGNA50_2007-01

僕が最初に乗ったのは、マグナ50でした。

私も、見事に4stMiniです。

 

2003年位から、1年半~2年くらい乗った記憶があります。

期間としては短かかったんですが、思い出がたくさん詰まったバイクです。

 

毎日のように通勤通学買い物につかい、

福岡から佐賀まで走ったり、

松原を走ったり、

親父が佐賀の実家から乗ってやってきたり、

 

 

…ただ写真が1個も無いんですよね。

ぶっさいくなデジカメでたくさん撮影した記憶があるんですが、どこにも残っていないんです。

まだBLOGブームが来る前に、レンタルサーバーとホームページビルダーを使ってHP運営していた事がありました。

その時のテーマが格闘技とバイクだったんですが、その元データは完全にどこかに消えてしまいました。

 

せめてバイクの写真だけでも残っていればなぁと思うのですが。。

 

 

でかく見えた

bike_953

購入した理由は、ルックスがかっこよく見えたのと、とても大きく感じたからです。

 

それまで僕は全くバイクに興味がありませんでした。

高校生の時は、バイク=暴走族と思っていて、無縁の存在だと感じておりました。

 

 

20150212163105723

ただ大学に進学して、強烈な上り坂の町並みに閉口しまして、これはスクーターでも買わなければやってられない…と認識。

GooBikeを買ってみても車両のイメージがつかないので、駐輪場に有るバイクを物色していたんですね。そしたらマグナ50を発見したんです。

 

めちゃくちゃ大きく見えました。こんな原付き有っていいの? と。

 

20111024140416

http://whitebiz2007.blog77.fc2.com/blog-entry-12.html


今思えば馬鹿な話なんですが、近くにVツインマグナが駐輪してあったのですが、それと全く差が無いように見えてしまったこともありました。

「主観というものは恐ろしい」と身を持って体感しています。

それまでは、とりあえず安いスクーター買って、そのうち車を~ なんて考えていたのが、いっぺんにひっくり返ってしまったんですね。スタートで計画が破綻w

 

 

1010557_00_2006_03当時ホンダのトゥデイが中国生産を敢行し、新車で9万4800円というとんでもない価格で販売(ただし多数の不具合もセット販売:リンク先参照)していた時期に、中古で18万円近くするマグナ50を買うのは大冒険でした。

バイトして生活費&仕送りを切り詰めて、頑張って買ったと記憶しています。

 

 

マグナとの付き合い

重くて遅いバイクで、非力さを何度も感じてはいました。

高架の上り坂は常にフルスロットルだったし。バイパスの巡航なんかは恐怖でした。

それでも、「デカイバイク(原付)に乗っている」というみみっちい優越感のようなものを感じていた気がします。

 

傍から見たら、ボエーーーーという断続的な排気音を響かせながらゆっくり走るバイクにしか見えなかったでしょう。それでも、乗っている本人からしたら、とても楽しかったのです。

 

 

それからカスタムの楽しさを知りました。

tn-0115

外装メインのカスタムでしたが、ホームセンターに入り浸って、ステーでウインカーやヘッドライトの位置を変えたり、バッグのサポートやシーシーバー作ったりして、楽しく遊んでいたのが思い出されます。

 

この時工具やらケミカルの使い方を独学で覚えました。

あと鉄は何度も曲げると折れることを体感したり、ネジも締め過ぎると破断する事。グリスで潤滑すると錆びにくくなることや、マフラーを変えただけではバイクの速度は変わらないこと(むしろ遅くなる)。

いろんなことを実学で学べたと考えています。

 

この経験が、今の自分の土台になっていると言っても過言ではありません。

 

↑こんなの買って弄りまくっていました。

あの頃からは、いくらか成長したとは思うのですが、本質的には何も変わっていないのかもしれません(苦笑

 

 

私のバイクの好みを決定づけた車種

あの時駐輪場には、大量のスクーターとオフロードバイク、あとNS-1が有ったように記憶しています。

 

119279bf-a74e-4f52-bcd4-81124e501c90

NS-1に行かず、マグナに強烈に引き寄せられた事からするに、私は生まれながらにしてアメリカンバイクの形が好きなんだと思います。

フルカウルのバイクよりも、スポーツネイキッドよりも、最初からアメリカンサイドの立ち位置なんだ。この記事を書いていて、改めてそう思いました。

三つ子の魂なんぼまで~ とか言いますが、最初に好きになったものは強烈なインパクトとして、心にとどまり続けるのでしょう。

 

 

まとめ

img8

マグナに出会っていなければ、バイクにこんなに乗り続けることもなかったかもしれないですし、今の仕事に就くことはまずなかったと思います。そしてバイクブログを書くこともなかった。

そういう意味では、僕の人生を決定づけた車両であることは間違いありません。

 

 

今でも時々マグナに乗っていたことを思い出します。13年位前の出来事ですね。

あの時が原点として、もっともっと成長できるように、頑張りたいと思います。

 

以上です。

 

 

過去のバイクリスト

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - 過去に乗ったバイク