Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

バイク散歩 LTDとエンフィールド500

      2016/01/02

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

2015-03-15 11.17.14.jpg

先日LTDに乗って、近所を走ってきました。

 

2015-03-15 11.16.41.jpg

F川さんの黒いエンフィールドと一緒です。

いままで赤いインジェクション仕様のエンフィールドに乗っていましたが、 アイアンエンジンのキャブ仕様になりました。

退化しています。

 

2015-03-15 11.16.54.jpg

前回の記事で、水曜日走ったなんてことを記事にしましたが、それからカバーを被せて1週間経過。

幾らか肌寒い気温だったとはいえ、まさか「押し掛け」しなければいけないほどかかりが悪いとは思いませんでした。

 

セルは回るんですが、何かこうプスン・プスンとかぶった感じになって、 チョークワークとスロットルワークを駆使しても、全然火を拾うことができません。 幸いクラッチがが張り付いていなかったので、2速に入れて押しがけができたのですが、3回失敗。 息が上がって泣きそうに成りました。ホント。

最終的にはニュートラルに入れた状態で走って、 クラッチを切ったまま1速に入れる

 

これをやったらとたんにかかりました。

セルモーターが、「ウィ… ウィ…」と虫の息状態で動くレベルでしか蓄電されていなかったのですが、 それでも押し掛けしたら火花飛んでエンジンかかるんですね。 押しがけのクランクを回す力ってすごいと感じました。

 

2015-03-15 11.50.57.jpg

2015-03-15 11.50.54.jpg

「冬場にこんなにつけてるからかかり悪いんじゃないの?」

と言われたくらい、自己主張の激しめのアルミピンチ。 ネタにしてはやり過ぎ感あり。30個はさすがに付け過ぎたカモ。

 


●やったこと

20140427003940.png

本当に近所を回っただけ。

F川さんと合流するために高根沢町に行き、 半径3km程度の宇都宮環状線の中をウロウロと走っただけです。

20kmも走っていないんじゃなかろうか(汗

 

2015-03-15 11.17.20.jpg

去年の秋くらいから、こういう短距離の走行が非常に多いです。

ツーリングというツーリングはしてないです。 まぁ今の自分には、この手のぶら~っとバイクに乗るスタイルが、 一番有っているような気がしています。 というわけで、走っても何をするでもなく、

 

2015-03-15 11.57.07.jpg

はなまるうどんで、コロッケをおかずにして、

 

2015-03-15 11.57.10.jpg

ネギを増量した狐うどんを食べたり、

 

2015-03-15 14.21.38.jpg

近場のカフェにおじゃまして

 

2015-03-15 13.01.29.jpg

カフェモカを飲んだりしました。 あとは喋ってばかりでした。

伊豆にF川さんが走りに行った話とか、次のツーリングの話とか、 最近東京にバイクで行ってないね、

 

●車両の取替

2015-03-15 12.45.27.jpg

あぁ、そういえば短距離でしたが、F川さんのエンフィールドに乗せてもらいました。

以前のF川さんの愛車、EFI仕様のエンフィールドは何回か運転させてもらったことが有り、 それと比較する感じのインプレッションが出来ました。 3速に入れると、低回転でも非常に粘り強くクランクが回っている感覚に触れることが出来ました。これは楽しい♪ ハーレーのドコドコ感とはまた違った、ポトンポトンという柔らかいけど、車体が引っ張られる感覚は確かにある。そんな不思議な力強さを併せ持つフィーリングです。

 

2012-11-03 11.04.53-4.jpg

EFI仕様と比較しても、キャブ仕様は悪く言ったら相当ガサツ。

良く言えばかなり味わい深いものでした。

 

至れり尽くせとは対局にある、ユーザビリティを感じない不自然に腰高なシート。 ある程度回転数を合わせないと上手く入ってくれないギア。 エンジン自体も、バラつきというか、グラグラしているというか、不安定極まりない。 等間隔に爆発しているはずなのに、その火の強さが毎回違っているようなガサツさ。

それでもクランクマス自体がデカイから、コロコロと回ってなんとなく走ってしまっているいい加減さ。 走っていて、エンジンからの安心感が、SR400の半分くらいしか感じ取れませんでした。 不安定さとか不安感を伴いながらも、低圧縮なビックピストンはなんとか上下運動を繰り返しているようなので、とりあえず車体は進んでいく。

ただ「いつストールしてもおかしくない感じ」が常につきまといます。 回転数上げても低くても、なにかこう落ち着かないフィーリングが凄かったんです。

 

bw-uploadsimg-0419.jpg

ほんと、SR400のOHCエンジンのフィーリングが超精密機械に感じるくらいでした。

ギアがカムチェーンで回ってるって、つながってる感じがして安心できるよね。 OHVって、走行中動弁系が一瞬離れて、瞬間的に宙ぶらりんになるからフワフワするよね。 っていうレベル。

 

2015-03-15 12.49.47.jpg

現代のバイクでは、絶対に感じ取れない何かがそこにありました。

2kmくらいしか走っていないけど、これこれで唯一無二の楽しい物があるので ハマる人はどっぷり行く理由がわかったきがします。 改めて僕は高回転型だということも認識出ました。 貴重な体験でした。

 

●まとめ

2015-03-15 14.22.00.jpg

来週あたりまたツーリングを予定しています。

150kmくらいかなぁ。久しぶりの距離。 幾らかまとまった距離を走ったら、 気持ちに変化起こるといいなあと思っています。

 

以上です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - ショートツーリング