SR400

おっぱいウインカー & タンクラバー

更新日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

DSC_0104.jpg

■いきなり卑猥で猥雑なタイトルから始まりましたが、 適度に柔らかい素材を使用していたり、 アフロダイAみたいにミサイルになったりはしません。

上の写真のような、ヤマハの旧いバイクに搭載されていた凸形状のレンズのことです。 詳しい年代はわかりませんが、25年くらい前のSRにはコレが使われていたはずです。

 

C360_2011-04-17 08-45-42_1.jpg

もりたくんのGX750もこのレンズが使われています。

自分のSRは78年当初に発売されたSR500の復刻カラーなので、 それを再現しようという、恐ろしく自己満足な試みであります。

 

■結構探したのですが、検索ワードを何と入力するか悩み、国内では見つけることが出来ませんでした。

結局はるばるアメリカから取り寄せたのですが、円高のおかげで、1枚300円弱という破格のお値段でした。送料込みでも日本で買うより安かったかも知れません。

DSC_0110.jpg

交換前の、おなじみ純正ウインカーです。 まあ、おなじみと言うほど皆さん付けていませんが。

さっさとスモールウインカーに交換されてしまうので。。

DSC_0113.jpg

DSC_0112.jpg

+ネジ2本で止まっているので外します。

おっぱいレンズのほうが、色見が若干明るいですね。 若干高さが純正ウインカーのほうが高いのが気になります。

 

DSC_0115.jpg

DSC_0116.jpg

ゴムパッキンは、純正レンズに固着しているものを剥がして使います。

ガイドがあるので、丁寧に押し込んでいけば簡単にはめ込めます。

 

DSC_0118.jpg

はい、ネジが長すぎて飛び出ます。

純正レンズのネジをおっぱいレンズに装着したら、完全に飛び出ました。

ぐぬぬ。 恐らく純正のウインカーは、側方からの視認性を高めるために わざと厚くしてあるんではないかと思います。

 

20110828124944-917.jpg

しょうがないのでM3の20mmのなべこネジをホームセンターで買ってきました。

8本で120円弱。コレでもねじ屋さんにしてみたらボッタクリ価格なのよね。 コレを使えば問題ないはず。

 

20110828131953-313.jpg

■適正なネジを使ったら簡単に装着できました!

 

20110828132005-24.jpg

まあ大して印象は変わらないですし、いじったぞ感は皆無なんですが、 個人的には満足しております。

自己満ですからね。 LTDの洗濯ばさみには、初見でもかなりのライダーが食いついていたのですが、 このウインカーにはどんな人が興味を示すのか、、、 レベルの高いリトマス試験紙になりそうです。

 

20110828131926-830.jpg

■あとニーグリップパッドを付けました。 SRのタンクが思ったよりスリムで、ニーグリップしようとしたら ズルズル滑ってしまう感覚があって嫌だったので、キジマのゴムを購入しました。

by カエレバ

20110828131910-183.jpg 「83年移行のタンクデザインに適合」と書かれていたので、 問題ないなと思って貼りつけたら若干ずれてしまいました。。

よく考えたら、復刻版デザインだから…ずれた…? 最初、ゴムの下から線が出ているのがすごく気になっていたのですが、 引目で見たら大してわからないので、このまま使用し続けたいと思います。 ラバーがあると、滑りにくくなるのと気持ち厚みが増すので、 がっちりグリップできていいです。

 

20110828131903-358.jpg

以上、使った工具はドライバー1本の超ライトカスタムでした。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

WPLTD




 

WPLTD




 

AD



-SR400

Copyright© Z400LTD.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.