Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

和製アメリカンについて

      2016/08/27

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

LTDの立ち居地である、 「和製アメリカン」というジャンルのお話をしたいと思います。

…このページは、「Z400LTDについて ~まとめページ~」にリンクしています

 

 

s-2013-02-02 16.07.29-1.jpg

Z400LTDは「和製アメリカン」というジャンルにカテゴライズされるバイクです。

J-Americanとかジャメリカンとか、 ジャパリカン、日本製アメリカンなど様々な呼び名があります。 加えてこのジャンルは、 日本で製作されたクルーザータイプのバイク“全て”を包含してこう呼ぶ人や、 1990年代以降のスティードなどは除く人がいたりなど、 定義も非常に曖昧です。 この記事においては、 

 

  1. 1970年代後半に登場した
  2. スポーツバイクをアメリカン風に改造したバイク

 

コレを和製アメリカンと呼ぶことにします。

 

 

 


和製アメリカンの起源

バイク名鑑を持っていないので正式な発売年度が分からないのですが、 1978年から1982年あたりに集中して発売されています。

xs650.jpg

時系列があやふやなので説得力に欠けるのですが、 おそらくXS650スペシャルが、第一次アメリカンブームの口火を切ったと考えて間違いありません。

(第2次は1990年代初頭でスティードがブームの発端)

「本格的アメリカンスタイル」なんて言葉が、 当時のバイク雑誌の紙面上を賑わせたようです。 当時発売された和製アメリカンの一例を示します。 当然抜け漏れは多数あると思うので、その点はご了承ください。

 

 

 

★ホンダ★

s-honda.jpg

最初に作ったのが縦置きV-TwinエンジンのGL400(500)カスタム。 海外ではCXカスタムとして発売されます。

その後、CB750カスタムやCBX400カスタム、250T LAカスタムなど、 「バイク名+カスタム」という命名規則で、たくさんのマシンが作られています。 ただCM400TとかCB650LCとか、その規則に乗っ取らない例外も有ります。

 

 

★ヤマハ★

s-yamaha.jpg

ヤマハは「バイク名+スペシャル」が命名規則。

XSやGX,4気筒のXJなどがベース車両となっています。 XS650はもちろんのこと、GX400や250SPなんかはいま見ても非常にスタイリッシュです。 エンジン以外は、SRあたりと共通部品が多いことも特徴の一つ。 知名度さえ上がれば、旧車両風スポーツバイクとして人気が出てもいいのでは? と感じています。

 

 

★スズキ★

s-suzuki.jpg

スズキの命名規則は、「GS もしくは GSX +排気量 +L」。

画像検索をかけたら、茶色い和製アメリカンが山ほど出てきます。 意外とDOHCが多いのが特徴です。 またスズキならではの変態バイクも多く、 GSX550Lなんかは、前後16インチのタイヤを装備し不気味なフォルムを見せつけています。

 

 

★カワサキ★

s-kawasaki.jpg

最もわかりやすいめ命名規則で、「Z +排気量 +LTD」。

小排気量から大排気量まで、コレで統一されています。 スタイルも全体的に統一感があります。

 

なぜこんなにたくさんの和製アメリカンが造られたのでしょうか? もちろん人気が有ったこともあるでしょうが、それにしても多い。 この疑問については、バイクの成り立ちを眺めていると徐々に見えてきます。

 

 

 

 

和製アメリカンの特徴と成り立ち

和製アメリカンの最大の特徴は、 スポーツバイクをベースとした車体であることです。 xs650spesial.jpg 涙滴形状とよばれるティアドロップタンクを取り付け、 アップハンドルと段付きシートを装着し、 タイヤをフロント大径、リア小径に換装する。 (F19inch – R16inchが定番) コレで和製アメリカンが出来上がります。

後はリアサスを少し短いのにしたり、メッキパーツを奢ったり、 メーターやエンブレムを専用化したりして、おのおの豪華さをアピールしていました。

 

gl.jpg

こうして造られた和製アメリカンたちは、 1970年代後半の売価において、標準タイプより5万円高くても飛ぶように売れていたそうです。

メーカーカスタムといえば聞こえはいいですが、その実外装とっかえのコンパチ仕様。 バイクを2種類作るよりはかなり安上がり。手軽にラインナップを拡充できます。 しかもタンクとかシートに関しては、排気量違いの和製アメリカンと大雑把に言えば共通。  いわゆる「ぼろい商売」です。 これにメーカーが飛びつかないはずがありません。 4大メーカー全てが、 先にも述べた「特別な呼称」をスポーツバイクの後ろに付加し、 雨後のタケノコのようにボコボコと和製アメリカンが生み出されていったのです。

 

 

和製アメリカンの美点

純正でアップハンドルに段付きシートという、 いわゆる「族族したスタイリング」が特徴の和製アメリカン。

見た目がNGという人もたくさんいるでしょうし、その気持ちも十分理解できます。 (自分も最初そう思いました。) ですが、アメリカンバイクとして考えた時、 このパッケージングならではの美点もあるのです。

 

 

スポーツバイクがベースなのでそこそこパワーがある。  

エンジンはほぼそのままスポーツバイクのものです。

スティード以降のハーレーライクなアメリカンバイクとは違い、 排気量なりに走れるパワーを持っています

 

。      9.jpg

このCBX400カスタムなんて、デザインは微妙ですがエンジンはCBX400のまま(参照)。  

空冷で48馬力もあります。狩猟対象になりそうな恐ろしいバイクです。。。

 

 

車体が軽い。  

同排気量のネイキッドバイクくらいの重量です。

同じ400ccのドラッグスターなどに代表される、230kgオーバーの車両比較したら、押し引きのしやすさは段違いです。  

当然速さに繫がります。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ページ: 1 2

 - Z400LTDについて