その他のモーターサイクル

ダークサイドなビューエル 烏山 CROWSさんのマシン

投稿日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

先日「珈琲司 ゆだ屋」さんに遊びにった際、ものすごいカスタムバイクにであいました。

ここまでゴリッゴリのカスタムをされたマシンを、目のあたりにするのは個人的に久しぶり。

興奮してしまいました。

 

 

 

マシンの素性

ベースとなったマシンは、

Buell XB12S FireBolt

ハーレーのスポーツスター1200のエンジンを高回転寄りにチューニングして、スポーツバイクに変貌させたエリック・ビューエル渾身のマシン。

マスの集中をかねて

「中空構造の内部にガソリンタンクの機能をもたせた」

という変態的なメインフレームに、"CROWS DARKSIDER"との文字がレタリングされています。

 

 

http://www.crows-motorcycle.com/

オーナーさん、並びにゆだ屋の湯田さんにお話を聞いた所、

那須烏山市にあるCROWSさんというバイク屋さんの、コンプリート車両とのことでした。

ハーレーを中心に、外車・国産車・旧車に至るまで、幅広いジャンルをカバーされているお店のようです。

湯田さんのメグロSG250も、このお店でメンテナンスをしてもらっているようでした(記事)。

 

 

ダークサイド全開

というバックグラウンドが有るこの車両。

とにかく佇まいと存在感がすごすぎます。

 

ダメージド塗装されていて、雰囲気はまるで。

凄かったのが、外装パーツがプラスチックではなくメタルで構成されていたことです。

見てびっくり触ってビックリ。

 

叩きなのかプレスを併用されているのか、作り方がよくわからなかったんですが、とんでもない労力がかかっていることだけは伺えます。

 

エアインテーク。

フレームも外装も、一回つや消しブラックで塗装された上で、エッジに沿ってグラインダーで塗装を落とし、ダメージ加工されています。

 

ヘッドライトバイザーは、樹脂とカーボンとメタルの合わせ技のように思えました。

ヘッドライトはヨーロピアンカスタムや、トラッカースタイルのマシンに使われたりする異系タイプ。

丸目2灯でも面白いかなと思ったんですが、薄くて尖った印象を出すためにはこちらがベターですね。

倒立フロントフォークにも汚し塗装が入っています。

 

シートフレームやベース、シートレールも手作り。

鉄板を叩いて作られているようです。

ナンバーはサイドナンバーでした。

 

圧巻のテール形状。

邪悪さすら漂う突起物。鉄板を曲げて磨いて整形されていました。

真ん中にLEDテールランプが装着され、赤く点灯したその姿は、まるで異形の生物のようでした。

 

 

そして機関部。

あーいいですね〜。

ニヤニヤしてしまいます。

このスプロケとボルトと、ハーネスとワイヤーとエキパイと・・・・

つくづく自分は機械フェチなんだと感じさせる1枚です。

 

 

カスタムと世界観

このCROWSさんのBuellカスタムは、基本的にこの形として提案されているようでした。

オーナーさんのライフスタイルや趣味に合わせて、各部をオーダーメイドしながらフレキシブルに変更することもできるようです。

例を挙げると、真っ赤なイタリアンなカラーにされたBuellとか。実際にそういうコンセプトのマシンが、製作中のようでした。

 

今回この車両を見て思ったのが、ゴリゴリに世界観を作り上げていくと、その車両の周囲だけ空気が全く違うものになること。

オーラが出るってこういうことなのかな、と。

 

場所が、自然豊かな佐久山の珈琲焙煎所ということもあり、このバイクが放つ世紀末なオーラとはある意味好対照。

だからよけいに空気の温度差があぶり出されたのかもしれません。

しかしそういう現象を感じることができたのも、製作に携わった方が一本筋を通して魂を込められたから、と言うのは揺るぎない事実だと思います。

自分も、ものを作ったり文章を書いたりする時は、今まで以上に魂込めて!

そう感じさせられた対面でした。

 

 

コーヒー買いにきて、こんな凄いもの見れるなんて想像だにしていなかったので、遠出した甲斐が有ったと嬉しくなりました。

以上です。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

WPLTD




 

AD



このブログで今週人気の記事です

-その他のモーターサイクル

Copyright© Z400LTD.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.