木製の子供用ストライダーを買いました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

もうすぐ3歳になる長男のために、バイクを購入しました。

エコロジーな木製バイクです。まさに木馬。

 

 

Kiddimoto

イギリス製の”kiddimoto”というイギリスのブランドの商品です。

ペダルレスの足漕ぎバイク。日本で言うところの、ストライダーに近いような乗り物ですね。

なおイギリスでは”バランスバイク”という名称になるそうです。

 

北欧風のインテリアにもよさそうな商品。

結構家の中では大きいので場所取るんですけどね。

あと重さは5kgくらいあるので結構重いです。

 

対象年齢が3~6歳という事で、まだ長男にとっては足つきが悪そう。つま先立ちになっています。

なので、家の中や公園で取り回しをして遊んでいます。

 

 

Ready to race

この車両は樹脂製のタイヤが付いていて、自立しません。

そこで、スパルタンなレーシングスタンドが付いています。

 

こうやって、スイングアームの根本に差し込んで立たせます。

ノーサスのリジッドだからスイングしないけど。

 

ちなみにこのスタンド、買ったばかりなのですがぼこぼこです。

フロントのゼッケンプレートも傷がついています。

安全規格のCEマークのステッカーがズタズタになっています。

 

そんなわけで、激安だったんですこいつ。

去年の秋ごろに近所のホームセンターでかみさんが見つけて、その時点で希望小売価格の1/3くらいまで値下げされていました。

ただその時はまだ長男が小さかったので、「大きくなってから買えたらいいね」とスルーしていたんです。

 

それで半年くらい経過した先週末、同じホームセンターに行ったらまだ置いてあったんです。しかもさらに値下げされていました。

希望小売価格の1/5くらい。完全に長期在庫品扱いですね。

 

これより安いです。

 

お店で試しにまたがらせてみたら、なんとか足が付く感じ。

「欲しい?」と聞いたら、「うん。うん。」と強く頷いたので、買うことにしました。

正直ここまで安かったら、売れてしまうかもしれないという焦りもありました。

だって標準小売価格の1/5ですよ。保護してあげなきゃ!みたいな妙な気持ちも生まれました。

 

小さな両手でハンドルをもって、リビングでバイクを前に後ろに転がしながら、

「このバイクすき」

等と言っています。少なくとも気に入ってくれたようです。

 

以前かみさんが購入した木製工具セットを使って、何かの修理をしています。

自分がストリームの始動確認やプラグチェックなど、簡単な作業は横で見せているので、それをまねしているようです。

「しゅうりする」

と言ってバイクの横に座って何かやっています。

そこらじゅうをハンマーで叩いています。叩けば直るという直感を持って行動するのは素晴らしい事です。

あと2~3ヵ月したら、近所の公園に持っていって、走らせてあげたいと思います。

 

 

ちなみに海外のウェブサイトなどみたら、グリップが付いているんですよね。このバイクは無垢の木です。

もちろん幼児用なので、パイプ径が22.2mmなわけなく。

医療用のバンテージとか、自転車用のゴムチューブでも巻いてあげましょうか。

 

なんかマルク・マルケスモデルとかがあるのねこれ。

向こうでは有名な商品なのかしら。ステッカー貼ってカスタムするのも面白いかもなぁ。

 

以上です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です