ワコーズの馬力UP系添加剤 CORE 601の効果と持続性

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

先日ワコーズのフューエルワンについての解説記事を書き、参考になったといった意見をいただきました。

とてもうれしかったです。

 

IMG_0410

その記事の文献を探している際に、CORE 601という新製品が発売されていることを知りました。

オクタンブースターを内蔵。

「燃料チューニング」を掲げ、2015年の8月に発売されて以来、多くのユーザーさんに高い評価を受けている添加剤のようでした。

 

CORE 601とは

IMG_0411

ワコーズが開発した燃料添加剤です。(公式HP)

 

極めておおざっぱにいうと、

「パワーが出やすいガソリンを作る添加剤」

と言えるようです。

 

ガソリンエンジンの燃焼には、

  • 良い燃料
  • 良い火花
  • 良い圧縮

という3大概念があり、これらを良くしていくと力が出て燃費が良いエンジンになります。

自動車メーカーは、よい火花をだし、よい圧縮を確保し、さらに摩擦を減らして熱を回収して吸気を冷やして…と、あの手この手を使ってエンジンの改良を進めています。

 

top01

ここで、メーカーが手を付けられないのが「燃料」

そこでワコーズが、「ハイオクガソリンを超える良い燃料を作ろう」というコンセプトを掲げて研究を進めたのが、この添加剤CORE 601の様です。

 

 

ワコーズもスペシャルコンテンツのHPを作っているようで、気合の入りようを感じました。

 

 

IMG_0408

・燃焼促進
・洗浄
・摺動抵抗の低減

HPとパッケージを見る限り、この3つを改善させる成分が入っているとのことでした。

おそらく洗浄はPEA(ポリエーテルアミン)系の薬剤を使っていると思うのですが、それ以外の成分は不明です。

 

 

テストトライ

今回宇都宮から高崎に高速移動するシチューエションがあったので、高速走行のインプレッションとして投入してみることにしました。

 

IMG_0427

投入したのはスイフト(ZC72型)

バイクで行きたかったんですが、雨が降りそうだったのと、深夜移動となる可能性が高かったので、安牌で車を選択しました。

スイフトは1.2リットルの自然吸気エンジン+CVTのコンパクトカーです。因みに圧縮比は11と結構高め。高剛性なボディと踏めば走るエンジンが魅力です。

 

この新しい車で効果が有るのなら、それ以前の車は言わずもがなでしょう。

 

IMG_0426

高速に乗る前、宇都宮で一番安いガソリンスタンドにて給油。

 

IMG_0430

普段レギュラーを入れているのですが、ハイオクを追加投入。42Lのタンクに対し、30Lのガソリンを入れたので、ハイオク率はおよそ75%です。

これにCORE 601を1本300lm入れます。

フューエルワンもそうですが、濃度要求がされていました。全ガソリンの1%以下に収めるのが重要とのこと。30~50Lに対して1本と言う標記があり、これは遵守。

これを超えてしまうと、空燃比(ガソリンと空気のバランス)が燃えやすい状態から外れてしまい、逆に走りが悪くなってしまうそうです。

 

 

走行インプレッション

maxresdefault

ガソリンスタンドから出てすぐ、インターチェンジの上り坂に差し掛かるのですが、そこを走っただけで既に違いを感じとれました。

タコメーターが指し示す回転数の割に、体感速度が明らかに高い。

そう、速くなってるんです。

 

ETCゲートを超えた後の合流も楽々。加速が鋭い。音が違う。

そして加速した後の車速維持するときの、アクセルの踏み込み量が気持ち小さい。

いいことだらけです。

 

因みに自分の三代目 (ZC72S)スイフトのXGグレードは、「ヨーロッパで販売されているエンジン仕様」と真同じだと言われています。

そのため、「ハイオクを入れると進角するようになっているのでは?」という噂があります。

実際ハイオクを入れると、車に疎い嫁でも体感できるくらいの「パワー感」あふれるハッチバックに豹変します。

 

tacho

ただ今回のそれは、そのパワー感に加えて、回転の滑らかさがプラスされているような気がしました。

100㎞からの追加加速時も、パーシャルからぐいっとアクセルを踏めば、グォン!という小気味よい排気音とともに、するするとタコメーターが回っていきました。滑らかそのもの。

それと同時にシートに腰が押しつけられ、ぐいぐいと車が前に引っ張られます。

上り坂でスロットルを抜いても、普段より速度の落ちが確実に低く、再加速も容易。言い過ぎかもしれないけれど、100cc位排気量がのっかったように感じるほどです。

 

 

2990-1-20150801123700

メーカーのデータを見ても、シャシーダイナモ上で0.5%くらい馬力が上がっているデータが出ています。

たかだか0.5%かよ、って思うかもしれないですが、燃料だけでこれが実現しているとしたら、とんでもないことです。

 

 

dc6c4784-s

CORE601のおかげか、高崎までの片道100㎞の高速巡航が、普段よりとても楽に感じました。

長距離ドライブの疲労感が、体感できるレベルで少なかったです。

 

また通勤でも2日間使いましたが、わずかながら低速トルクが上乗せされたような印象を受けました。

巡航でのアクセル操作が、雑になってもOKなイージードライブ。合流での再加速も、普段より出だしのパワー感が乗りやすく感じるため、安全面でも精神的にもとても楽でした。

 

何より、「添加したことでパワーが上がっていると感じる!」という感覚が嬉しかったです。

 

フューエルワンとの違い

よく比較対象になるフューエルワンですが、こちらは洗浄剤です。

CORE601はオクタンブースター。燃料をよく燃やしてパワーをあげようというコンセプトなので、若干系統が違います。

 

どちらも洗浄成分自体は入っているのですが、洗浄を主にするならばフューエルワン、パワーを上げたいならばCORE601と、使い分けしたほうがベターかも知れません。

価格も2倍くらい違いますしね。

 

 

 

まとめ

IMG_0407

車でのインプレになりましたが、期待していた通り、いやそれ以上の結果を体感させてくれました。

長距離ドライブをする際や、パフォーマンスが欲しい時などに、プラスアルファで足してあげると、パワー感とスムーズ感あふれるドライビングが楽しめると思います。

 

3300円で全域0.5馬力UPのフィーリングを得られるとしたら、僕は安いと感じます。「究極」の名は伊達じゃないです。

迷ってる方がいらっしゃったら、先ず体感して欲しい!!と強く思いますね。

今乗っている車をちょっと見直すかもしれません。実際に自分はスイフトがもっと好きになりました。

 

追記:

走行後1ヶ月以上経過しても、全然効果がなくなりませんでした

しっかりガソリン使い切るまで、ずーっと効果が持続する感じです。これには本当に驚きました。

その後もしばらくは燃料経路が洗浄されたためか、軽いフィーリングが続いたような気がします。

3000円は安いです。

 

 

またバイクだと、給油量も10~20Lがいいところだと思いますので、2~3回分は繰り返し楽しめるでしょう。

今後も折を見たらリピートして、継続的にこのドライブフィールを楽しんでみたいと思います。

 

以上です。

 

ぜひ読んでほしい参考記事

フューエルワンの紹介記事。成分と原理、なぜ効くのかについてまとめた記事です。

燃料添加剤・フューエルワン(FUEL1)などの成分と原理

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です