Z400LTDの専用シーシーバー シートが開くようになりました

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

先日取り付けた、Z400LTD用の専用シーシーバー。

微妙にシートとシーシーバーが干渉して「横開き機構が使えない」という問題が発生していました。

Z400LTDの専用シーシーバー取り付け(再装着)

 

装着位置を少し調整して、なんとか使えるようにできないか調整してみます。

 

 

作業開始

やることは極めて単純でして、

 

まずシーシーバーホルダーを留めているナット&ボルトを緩めます。

サスペンションの上側の付け根の袋ナットと、

 

ホルダーの裏側のボルトです。

外すと面倒なので、緩める程度で。

 

後はシーシーバープレートのL字になっている部分をハンマーで叩きます。

プラハンがたまたま会社に持っていっていてなかったので、ナイロンの袋を4つ折りくらいにしてあて布にし、強すぎない程度でコンコンと叩きます。

片側を4回叩いたら反対側、という感じで繰り返し叩きながら調整していきます。

 

作業完了

最終的に、シーシーバーをつけた状態でも、シートが開くようになりました。

これでシート下の工具収納スペースを使えますし、バッテリーやエアクリーナーのメンテも問題なくできます。

 

緩めたボルトナットを、元通りしっかり締めれば作業完了です。

めでたしめでたし。

 

追記

今日バイクで小一時間程度走りました。

15度位有って冬用のグローブだと手汗が酷くて大変なことになりました。暑いですねもう。

↓電熱機能なしてもこいつ本当に温かいです。ある意味優秀

廉価な電熱グローブ SNOW DEER(良質な中華製品)

 

三寒四温でまた寒くなることも有るでしょうが、温度調節はこまめにしていきたいと思います。

 

 

以上です。

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です