Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

族ヘルとは その歴史と今買う方法

      2016/06/09

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

以前「旧車に似合うヘルメット」という内容で記事を書きました。

結構アクセスを集めてくれていてうれしい限りです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

その中で、今回はいわゆる「族ヘル」に焦点を絞り、その歴史と現在買えるモデルについてまとめてみたいと思います。

 

022

この記事を読めば、今にわかに人気が高まっている「族ヘル」についてかなりの知識を吸収し、トレンドをリードすることができると思います。

 

 


始まり

845_526f4dd4cbc39

おそらく始まりはアメリカのBELL STAR、ならびにBUCO RACERになります。

 

sim

1960年代中盤から70年代にかけて発売された、世界初のフルフェイスヘルメットです。

 

3861c23c3acfbf0a597863ad51cf7de8

それまではお椀型のハーフヘルメットや、BELL 500-TXに代表されるジェットヘルメットが主流。そんななか、顔全体を覆って安全性能と防風性能を高めたフルフェイスヘルメットが登場。

 

TSessions-30070s-moto-women-Hiroko-Hori

今見れば宇宙飛行士のように見えなくもないですが、当時としては最先端だったんです。一躍レースシーンや、ハイ・パフォーマンス・マシンを駆るライダーに受け入れられ、大人気となりました。

 

日本への伝播

そのブームは日本へも飛び火します。

国内のヘルメット市場で確固たる地位を築きつつあった、SHOEIやARAIも似たような形のヘルメットをリリースしました。日本のみならず、海外にも多数輸出されたようです。

 

h500556_1

特に似ているのが、70年代に発売された、SHOEIのS-12と呼ばれるシリーズ。

かなりそっくりです。今販売すれば、かなりの確率で怒られるんじゃないか?と思われるスタイル。

 

img_1

左がBELL, 右がSHOEI

よくよく見ると、頭頂部の造形とか、サイドシェルの立ち上がり角度とかが微妙に違うので、まぁ別物として認識できなくもない。とはいえ、「はい!」と見せられて「これはSHOEIだ!」と言い当てる自信は僕にはありません。

いずれにしろ、この手のヘルメットは日本でも大人気となり、数多くのライダーに愛用されることになります。

 

 

族ヘルの所以(ゆえん)

はい、ここで族ヘルという言葉が出てくるんですが、
その名の通り暴走族に愛用されたためです。

 

hqdefault

聞くところによると、1980年代ごろの暴走族がよく使っていたようです。

 

10

時代が80年代に進んでいくについて、フルフェイスヘルメットもだんだん進化してきました。曇り止めのエアスクープが付いたり、エアロダイナミクスを徐々に検討したシャープな形状になるなど、基本形状に改善が入っていきます。

ですが暴走族の方々は、一世代前ともいえるこの手のヘルメットを好んでかぶっていたようなのですね。

 

・スタイルが恰好良かった
・安価で出回っていた
・雑誌や漫画などのメディアに触発された

とかとか。
他にもいろんな理由が考えられるでしょう。

 

AHRMA jpg

41223ab8-s

ただ、当時は空前のバイクブームで、「レーサーになりたい」と皆が心のどこかで思い描いていた時代。

速さを追求し、最新バイクと装備を追いかけていた時に、時代に逆行する装備を好むアウトサイダー集団は、ことメインストリームの人たちから見たら異質に映ったに違いありません。

そう言った背景から、80年代から90年代前半にかけて「族ヘル」という名称が、ある意味蔑称的なニュアンスを含めて定着したと考えられます。

ここまでが、いわゆる族ヘルの歴史です。

 

 

 

2016年現在

で、

2016年の今現在、このヘルメットに対する扱いはどうかと言うと、

 

large_256_Gringo_Gloss_Black_3

一部で評価が逆転しています。世界的な人気を博しているんです。

 

20141209_5cbc97

昨今のレトロブーム、ネオクラシックの潮流を受け、旧いものをあえてチョイスするという「ライフスタイル」が広く受け入れられました。そして70年代に流行した物を、現代風に再構築したアイテムというジャンルが、完全に一市場を構築しているのです。

その中でいわゆる族ヘルも、「レトロでスタイリッシュなヘルメット」として捉えられ、ファッションアイテムとしての地位を確固たるものにしています。

 

 

たとえばアメリカのBiltwellというブランド。

GRINGO-LE-TRI-STRIPE

gringo_s

保安法規の関連で日本では正規輸入されていませんが、多様なカラーラインナップで人気を博し、海外のファッションに敏感なライダーの間ではマストアイテムとなっています。

 

 

enhanced-mid-16273-1453189062-8

国内では2000年代中盤から盛り上がりを続けている、Z1やCB750に代表される「旧車ブーム」に伴って、族ヘルの需要が徐々に高まっていました。

それに引っ張られる形で、70年代に販売されていた「当時物」のBELL STARやSHOEI S-12の価格がじわじわと上昇。

 

gt750_001

8年ほど前には立花から、族ヘルを現代によみがえらせたパイオニアである「GT750」が発売され、人気が若いレトロテイストを好むライダーにも波及。

生産休止が発表されてからは、オークション市場で「定価の倍近い値段」で取引されるなど異常な盛り上がりを見せました。

今ではボロボロの当時物族ヘルでも、「リペア前提のベース」として、高値で取引される状態が続いています。

 

 

 

今新品で買える族ヘル

族ヘルの歴史と現状を振り返ってきました。
ここからは、現在新品で購入できる品について記載します。

 

復刻版 BELL STAR 2

star21

ブレーキホースなどで有名なACTIVEさんが、米国BELL社とライセンス契約を結び、国内の関連法規(SG/PSG)をクリアした商品です。

本家本元と言っていい族ヘルです。最も小ぶりでかっこいいです。

値段が一般的なフルフェイスヘルメット相当なだけあり、縫製などのクオリティは高かったです。

頭を入れる開口自体が相当に小さいようなので、試着をお勧めします。(立花のものと比較しても小さい気がします。)

 

bell_pic_179

気になるのが、どうも通販で売ってないようなんですよね。量販店オンリーなのでしょうか?近所のライコランドには置いてあったんですが・・・。気になります。

 

 

山城 レトロフルフェイスシリーズ

y9-ykh001154_2

この2年くらいで存在を知ったメーカー 山城さんです。

そちらがラインナップされている、レトロフルフェイスシリーズ。量販店でも売っていました。

手に取る機会があったんですが、主観ながら、立花のGT750のほうが作りがよく感じました。シールドもペラペラです。GT750の奴は強度が高く、かなりしっかりしていました。聞いた話だと、どうも中国で製造されている様です。

最近モデル変更があるのか、在庫処分で安くなっているお店もあるようです。検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

NEO VINTAGE

imgres

楽天市場などで販売されている品です。2015年に大阪で誕生したブランドとのこと。

フルフェイスとは思えないほど安価。14000円。これでSG/PSG規格を通っていることを強く打ち出しています。

多分上記の山城に近い商品ではないかと思います。海外で生産された製品で、大ロット生産して、なおかつネットでの無店舗販売。これを徹底しているため、この価格が実現しているのでしょう。

 

main2

特筆すべきは、若干大きめのサイジングらしいです。

GT750やBELLが小さい小さいと一部で不評だったのを鑑みて、大きめに設定したのかもしれません。サイトでは内装パッドが着脱可能という記載があるので、インナースポンジを追加するなどして、ある程度調整がきくようにしたのでしょう。

族ヘル入門用というか、初めて手にするにはいい商品かもしれません。少なくとも、当時物のリペア品を手にするよりは、安全面での問題は小さいのではないかと思います。

 

 

BITWEL

BILTWELL-gringo-spectrum-blk1-560x560

先述のとおり、海外で人気を博しているヘルメット。

国内での販売はされていないようです。

 

  • 日本国内法規をクリアしていないヘルメットを、バイク用として販売すると違法行為になるためです。
  • ヘルメット自体の安全性はアメリカのDOT規格を通過しているのでOKでしょう。
  • おまわりさんに捕まる可能性は低いと思います。
  • ただ事故して頭部を怪我した際、保険屋さんが「日本で非認可のヘルメットをかぶっていた」と言ってくる可能性がゼロではないです。(この辺は別途調べてみます)

 

img65175975

装飾用という扱いで少量輸入されていたり、個人輸入されている人もいるとか。カラーリングにもよりますが、円安為替を勘案しても、結構安いです。

手に取ったことが無いのでちょっとわからないのですが、シンプソンなどのアメリカ製のヘルメットは、サイジングがSHOEIやARAIとかなり異なる印象があります。

ワンサイズ小さめを買うか、後でスポンジを入れて調整するなどの対応が必要かもです。

 

 

 

 

族ヘルを使った感想

DSC08198

自分は、すでに生産中止となっている立花のGT-750を購入しました。

 

2013-01-192013.08.50-thumbnail2

特徴的な造形に魅力を感じ、発売初期に購入。そして結婚を機に「日本を代表するペインター MUNEさん」に依頼して、緑のオリジナルペイントで塗ってもらっています(ペイントの記事)。

 

レトロ系のライダーさんからは、おおむね評価は高いです。年配の方からは、「これはBUCOレーサーかい??」とよく質問を受けます。

スポンジのホールド性もよく、顎ひもを締めればぐらつくこともありません。シールドの隙間が大きいため、風切り音などは最近のヘルメットに比べれば大きいです。音を気にする人にとってはマイナスかも。

ですが、自分としては非常に満足しています。

 

まとめ

White-Bell-Gringo-Helmet

80年代にあまり嬉しくない俗称を付けられてしまった「族ヘル」ですが、自分はとてもスタイリッシュで魅力があると感じています。

周りから「暴走族かよ!!」等と言われることがあるかもしれませんが、もしこの造形が好きなのだったら、「ふざけんな(笑) 一回りして最先端だぞ!」と反駁してやってください(笑)

好きなものは好きとしてで、心置きなくかぶって楽しいモーターライフを送ってほしいですね。

 

以上になります。

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - ヘルメット, ライディングギア