Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

寒い冬 バイクの防寒対策:まとめ

      2016/01/20

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

WS000354

冬にバイクに乗る際、もっとも重要なのが防寒対策です。

寒い冬でも、雪積もっていたり路面が凍りついていなければ、バイクで走りたい!と考えるのがバイク乗りです。ですが寒さ走れば走れるほど風が体温を奪い、身体を貫通して内部から冷えていきます。

002

ただし、ポイントを抑えた防寒対策を施すことで、寒さを大幅に軽減することが出来ます。防寒装備は、闇雲に着こめば良い身に付ければ良いというものではなく、ちょっとしたポイントを抑えた使い方をすることで、その効果を何割にも増やすことが出来ます。

 

2016-01-04 07.29.10

今回、真冬の氷点下の中、日の出ツーリングと称して毎年明け方にバイクを走らせている自分が、冬でも極力寒さを軽減させることが出来るテクニックを紹介します。

装備やポイントごとに分けて、全部で5つ紹介します。

これらのテクニックを1つづつ取り入れていくことで、冬場の極寒走行をだいぶ快適なものに出来るはずです。

随時更新をしていきます。

 


1.ネックウォーマー・マフラー編

8019327B_8_D_500

簡単かつ最も効果を感じやすいのが、首周りを暖かくする為にネックウォーマーやマフラーを装着することです。ネックウォーマー派とマフラー派に別れますが、どちらも適材適所で使い分けることで、快適なライディングが期待できます。

 

 

2.グローブ編

719750d6

走行中に最も寒さを感じやすいのが、手先指先と言われています。手指がかじかむと、大事な局面での突発的な操作が難しくなってしまいます。実際に私も、毎年ツーリングで悩まされています。

この項では手指を寒さから守るための方法、道具を紹介します。

冬のグローブをはじめとする防寒対策の記事はこちらから

 

 

 

3.ジャケット編

31kBC1w+AJL._SL320_

バイク用のウインタージャケットは、ここ5年位でめちゃくちゃ進化していて、防寒能力が抜群に上がっています。普段着に出来るほどのデザイン性を持ち合わせているものも多いのですが、高価なのも事実。

そこで、手持ちの衣類を組み合わせたり、比較的安価な防寒衣料を使う、更に効果的な着用順番などをこちらの記事で記載します。

 

 

4.ズボン編

ts_work_jeans

ズボン・ボトムスについては、2000年頃から「インナーにタイツを履く」という文化が日本人男性に根づいてから、多種多様な対策が取れるようになってきました。

この項では、安全性を高めながら結果的に防寒性能を高めるという方法をお伝えします。

 

 

5.ブーツ編

bike-gear_09_03

冬の路面は冷たいです。その冷たさは、走行中にタイヤに対して悪影響を与えるのみならず、歩いている際に足元からガンガン体温を奪っていきます。

また冬場に関しては、適切なブーツ選び、ならびにパンツ・ボトムスとの組み合わせを選ばないと、これまたかなり冷えやすいポイントであるつま先・足首を冷やしてしまいます。脚がまともに動かないと、走行中に重大なトラブルを招く可能性が高くなります。

今回は、そのあたりを解消する方法を提示します。

 

 

以上5点。

順を追って紹介していきたいと思います。

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - ライディングギア, 防寒対策