LTD以外のモーターサイクル

VRXの再登場・ShadowRS

更新日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

■かなり遅い情報なんですが、ホンダが水冷のスポーツスターを発表したみたいです。
その名もShadow RS。 FI装備の750cc。
排気量不足が最大のネックだった悲運の名車・VRXの再来と考えてもいいかもしれません。
MVT7S20103BA_w800.jpg
露骨にスポーツスターのパクリじゃん!
と言う声も聞こえてきそうなデザインです。まあバイクに限って言えば、ホンダはこういう人気車種のコピーは得意ですからね。最近でもFTRしかり、フォルツァしかり、CB400SS然り。(車の場合は、まあ言わずもがなのあの会社ってことで…)
ただ、逆に言えばかなり研究したんだなと思える箇所も多数あります。
MVT7S2010SBB_w800.jpg
ライトの高さとか、ウインカーのマウント位置、サイドカバーやリアフェンダーのあたりは、Shadow系のフレームやパーツを上手に使って、スポーツスター的な「文法」を表現していあると思います。ホイールベースとかも全然違和感が無いです。
MVT7S20108BA_w800.jpg
ハンドルまわりもかなり潔いです。
個人的にタコメーターは欲しいですが、雰囲気感・空気感がこのバイクで一番大事なところでしょうから、この決断は英断かと思います。
MVT7S2010SBA_w800.jpg 2005031500763.jpg
左がShadow RSで、右が本家のハーレーのSPORTSTER(数年前のモデル).
並べてみても違和感なし。エアクリーナーはちょっと気になるか?
マフラーはシャドウ系で統一されたものを使っているにも関わらず、あまり不自然さを感じないのがすごいです。
地味にまとまっていますが、結構「ホンダの本気さ」が見えてくるのは自分だけでしょうか?
■さて、このバイク欲しいかと言われたら、
僕は欲しいです。
もちろんHD特有の鼓動感とかは全く期待できないでしょうが、ワインディングなどの軽いスポーツ走行はすごく楽しめそうな気がします。最近のスポスタは、純正の段階でガッツりローダウンされ、薄いシートが装着されているのが多くラインナップされています。ロングツーリングや適度なスポーツ走行も楽しみたい自分としては、若干毛色が違うなぁと感じていました。
こいつ是非試乗してみたいですね。どんなハンドリングかを試たい!
■バイクのFI化の波が押し寄せて数年。
FI化できなかったバイクが消えてラインナップが激減し、メーカーのラインナップページを見ても全然ときめかなかったんですが、ここに来て新車で欲しいバイクが増えてきました。
米国で$7800だから、日本で正規販売するとなったらざっくり100万円くらいでしょうか。
SPORTSTER883が90万円切ってることを考えると、販売価格は少なくとも100万円以内にしないとかなり苦戦しそうな予感がします。
Shadow RS.
日本投入是非して欲しいですね♪

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

WPLTD




 

WPLTD




 

AD



-LTD以外のモーターサイクル

Copyright© Z400LTD.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.