埼玉までタイヤ交換 | Z400LTD.net

Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキ旧車をハブにして、無限に広がるバイクライフを記すBlog.

埼玉までタイヤ交換

      2016/01/02

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

■本日朝6時に起床して、桶川のレーシングマックスにタイヤ交換に行きました。
典型は快晴。明け方の気温3℃。なかなか寒かったです(汗
友人のK君(GB250 Ⅰ型)と一緒に行きました。
000101000010.jpg K暮君.jpg
ジョイフル本田インターパーク店付近のマクドナルドで朝マック。
全然暖まらないです。やっぱり日本人はご飯が食べたいです。
レーシングマックス.jpg
ボーっとしているとスピードが出すぎてしまう国道新4号線を、白バイと覆面を警戒しながらひたすら南下。9時30頃にレーシングマックスに到着しました。まだ店員さんが店舗清掃をされていました。
カーナビ.jpg
こんなに早く到着したのもカーナビのおかげ。
基本的に車用ですが、小型でSSD(フラッシュメモリ)なのでバイクでもバンバン使えます。
迷わず目的地まで一直線!
後日このナビのインプレも書きたいと思います。
フロント F11.jpg リア K527.jpg
■交換前のタイヤがこれ。2年前に購入してから履き続けていました。
前後ともダンロップのタイヤで、フロントがF11、リアがK527というマイナー商品。基本的に旧車向け(?)という形で細々とラインナップされていて、一般のお店にはほとんど置いてありません。お取り寄せグルメ。
2年間で8000km程度走行してスリップサインが出ました。
ほとんどツーリングユースだったため、まあ持ったほうだと思います。
LTDの貧弱なフロントブレーキから見たら、比較的妥当な性能だったと思います。
今回自分が購入した買ったのは、ブリヂストンのBT-39
bt39.jpg
BSのバイアスタイヤで、スポーツ&ツーリングでオールマイティにこなせる、という位置づけのタイヤです。グリップ力は結構高め。ダンロップではTT900クラス。
噂で結構な消しゴムタイヤとの声も聞いたので、どんなもんか試して見たいと思います。
■K暮君の希望はダンロップのGT501
コストパフォーマンス重視の定番タイヤです。
蛇腹構造.jpg フロントもパイロットクラック.jpg
交換前のタイヤはこれ。
ミシュラン パイロットクラック。
独自の蛇腹構造で粘り性を向上させ、
サイドウォールまでグリップ力を発揮させる脅威のタイヤ。
というのは大嘘のTT100(5年もの)なんですがね。
正直言ってコレを見たときは自分もドン引きしました。
前後・全周にわたってサイドウォールがクラックだらけ。
5年くらい前にTT100を履いて、群馬の実家に保管していて久しぶりに出したらこうなっていたと。群馬は空っ風が吹いて空気が乾燥しやすいからゴムには悪い環境なんじゃないか?という話をしていたんですが、本当なんでしょうか?そもそもMC用タイヤって5年程度の寿命なんでしょうか?
コレでワインディングを結構な速度で走るから恐ろしい・・・。
色々疑問が尽きません。。
■4時間後ナップスの駐車場で撮影。
010101.jpg 000101.jpg
無事前後BT-39に換装されました。以前の明らかにツーリングタイヤ然とした物に比べて、パターンがかなりレーシーです。
K暮君はリアの該当のサイズがなかったためフロントのみの交換です。
作業は非常に丁寧でした。ホイールの錆落とし、バランスもしっかりとってくれて、作業後の説明のときも親切に答えてもらいました。接客も非常に良かったです。
とりあえず宇都宮まで100km程度帰宅して、センターの皮むきは完了しました。
来週あたり、天気が良かったら近所のワインディングに行きたいです。
楽しみ~~♪
<おまけ>
ここまで使ってみろ.jpg
ここまで使ってみろ
と挑発的なビバンダム。
こいつを殺すことに心血を注いでいる友人を知っています。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

WPLTD

このブログで今週人気の記事です

こちらの記事も続けて読まれています。

 - タイヤ