ヘルメット

【倒産?】ヘルメットメーカー立花さんが販売終了したっぽい(続報有り)

更新日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

今現在も調査中で、確証は取れていないものの、先々月くらいから気になっていたことがあります。

カラフルでデザイン性の高いヘルメットを多数販売されていた、立花さんが営業を取りやめられたようでした。

しかもHPが無くなっていたんです。

公式HPへのリンク http://www.tachibana-helmet.com

 

 

 

調べてみたらにもない

30分くらいで調べられる程度でしか追跡できていないんですが、2018年の3月くらいまではHPが動いていたようでした。5chのスレなどに、その頃はアクセスできた、という情報を確認できました。

ただ2018年6月現在、検索しても立花の公式HPがヒットしないんですよね。そして無理やりURLからアクセスすると、どのページも「NOT FOUND」。

 

感覚的にHPのデータが削除されてから、Googleの検索結果から完全に外れるのって、1ヶ月位かかるはずです。

だから、4月くらいにはHP閉じちゃったのかなぁと推測しています。

キャッシュから昔のHPを見れるサービスを使ってみると、2017年11月までは新しいHPで生きていたみたいです。

https://web.archive.org/web/20171126232349/http://www.tachibana-helmet.com:80/index.html

 

 

立花さん関連のSNSを調べてみると、公式Instagramをフォローしていたんですが、そちらもなくなってしまっていました。。

 

アマゾンや楽天を始め、大小のバイク関係のネットショップについても、殆どが在庫切れ。もしくは絶版扱いで在庫限りの商品が販売されていたり。立花さんのカテゴリ自体がなくなっているお店もありました。

 

業務を辞められた…のかな??

おそらく業界の中では、いろいろな情報が飛び交っていたりするんでしょうが、いち消費者の自分は知る由もなく。。

 

Twitterとかでいろいろ検索をしてみても、具体的な情報はほとんどありません。

立花なくなっちゃったの?」

「大好きだったのに。。」

という声が聞こえてくるばかり。

真実は闇の中です。

 

 

キャンディーヘルメットのシリーズ。そしてチャレンジバッグなどのレトロテイストのバッグ。

旧車やレトロモーターサイクルのカルチャーを愛する人間にとって、立花さんはありがたい存在でした。

 

まるでカスタムペイントのような、ラメやフレークが綺羅びやかに輝く帽体。手が込んだヘルメットは、ただただ眺めているだけで楽しい。ほんとそれに尽きます。

雑誌の新製品情報などで、新しい商品が出るととてもワクワクした気分になっていたのですが、もう見ることは出来ないと思うと悲しい限りです。

 

 

 

愛用の立花

今僕の手元には、10年くらい前に購入した紫の立花のヘルメットがあります。SHMというレトロジェットヘルメットのシリーズです。

数年前、金属製のバブルシールドのバイザーを取り付けた際、不注意で傷がついてしまいました。そのためロッカーの肥やしとなり、数年間ほとんどかぶっておりません。

 

改めてかぶってみると、帽体がかなり小さめにできていて、スタイリッシュにかぶれるヘルメットだなぁと感じました。サイズと脱着性のバランスが非常に良いです。内装も非常に手が込んでいます。だいぶ日に焼けちゃったけどね。

 

塗装がとてもきれいです。

一部キズがついてしまったけれど、クリアの深さは相変わらず。

 

 

あとGT-750というフルフェイスヘルメットも使っています。

族・GT-750について

現在、Stupid Crownのペインター・MUNEさんに特注ペイントを施してもらいまして、一生の宝ものとして愛用中です。

ヘルメットのリペイントが完了しました。

 

 

メーカーの方とのメッセージのやり取り

そういえば、先述のインスタグラムのアカウント。

おそらく2年くらい前だったと思うのですが、担当者の方と何通かのメッセージのやり取りをしたことが有りました。

その時、

  • 「新型のGT750(フルフェイスヘルメット)を開発中です!」
  • 「来年くらいにはお見せできると思います!」

というコメントを頂いたのを覚えています。すごく覚えている。

ですが、現時点では販売開始のニュースを聞くことが出来ておりません。

 

 

いわゆる「族ヘル」と呼ばれるレトロなフルフェイスヘルメット市場。

同社が開拓したと言っても過言ではないこのジャンルに対し、ここ数年でかなりたくさんのメーカーがフォロワーとして入ってきました。

その結果低価格化が進行。少量生産ながら、濃密な塗装やクオリティを武器に対抗しようとされたのでしょうが、太刀打ちが難しいと考えられたのかもしれません。

 

 

まとめ

一部では、ラインナップ整理とブランド変更のため、一旦休止したのではないか?というコメントも有りました。

実際のところどうなのかは、正確な情報がないのでわからずじまいです。

 

次のジェットヘルメット、買うときは立花から選ぼうかなあと考えていただけに、とても残念です。

もしなにか情報をお持ちの方がいらっしゃったら、メッセージを頂けたら幸いです。

よろしくお願いします。

 

以上です。

 

2018/8/2に追記

どうやら埼玉県のグリーシーキッズさんというお店が、立花さんと業務提携されて販売をされているとのことでした。

こちらの記事を参照ください

【グリーシーキッズ】立花ヘルメットの後継品を販売されるお店

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

AD



-ヘルメット

Copyright© Z400LTD.net , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.