Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

夏に半袖Tシャツでバイクに乗ることと、オウンリスクについて

   

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

今回の記事は、テイストをチョットかえてみました。

 

 

085-CVT-021-988x1024

結構論争になる、夏場にTシャツでバイクに乗るという行為についてです。

 

 

個人的には、「別になんとも」という感覚なんです。

強いて言えば、「日焼け止め塗ってね…」くらい。

いくらなんでも、転倒時や飛び石のリスクが存在することは承知でしょうから。それで乗っているはず。

ただ日焼けは本当に痛いので気をつけて。

 

自分も極稀に、半袖Tシャツで走ることはあります。

ただ、1時間以上走るのであれば、夏でも長袖シャツや薄手のジャケットは着るようにしています。

転倒時のプロテクトもそうですが、メインは日焼け防止と、走行風での疲れを軽減するためです。

 

 

つまるところ、バイクに乗る時の服装は「各々の判断で決めて構わない」と思っています。

自分の判断に対して、ちゃんとメリットとリスクを考慮し、その上でやりたいようにやる。好きにする。

いい大人なんだから、そこは自分で責任もてればOKでしょう。

 

 

この記事を書くきっかけ

なんでこんな事をわざわざ書いたかというと、

  • 「半袖シャツでバイクに乗るなんてけしからん!」
  • 「私のように、ライディングジャケットや革ジャンで乗るように、法律で規制すべきだ!」

という投稿が有ったからです。

しかもそれに一定数の支持が寄せられていたことに驚愕しました。

 

狭量な目線というか、

画一性を求める気質というか、

唯一正当性を追い求める姿というか、

 

いろんな言葉が浮かんできました。

かなりの【危うさ】を感じたのです。

 

 

 

理解と共感

もちろん、言わんとしてることは理解できるんです。

「安全性」という側面だけを取れば、プロテクター付きのライディングジャケットや、レザーウェアを装備したほうが良いに決まっています。

最近のメッシュジャケットなどは、通気性がかなり良くなっていて、走ったら夏でも涼しい事も知ってる。安全性評価だったら、絶対着用すべき。

 

だけど、強制するという思想は「共感」できないんです。

いやー、バイクに乗る時の服装はお上に決めてもらいたくないなぁ。。

 

 

 

バイクはコスプレ

自分はバイクって「自己表現手段のひとつ」と考えています。

己を表現するツール。

極論言えば、コスプレだとも思っているんですね。

 

仮面ライダーに憧れたり、

バイクレーサーになりたいと思ったり。

漫画やドラマ、映画、音楽の影響を受けたり、

海外カルチャーの洗礼で目覚めたり。

 

「かっこいい!」

「楽しそう!」

ああいうことをやりたい!」

 

そう感情が動いたから、高いお金を出してバイクを買って乗っている。

そしてそこには絶対ウェア、コスチュームが存在するし、切っても切り離せないものです。

むしろ、そこに「魂」があるのではないかとすら感じます。

 

 

そういった過程を無視して、ウェアの「安全性」のみを評価ポイントとし、それ以外は評価に値しないというのは、やっぱり極端。

砕けて言えば、

すげーつまらないと感じます。

 

 

自身の行動の正当性を法規に求め、結果的に多様性を否定し、画一化された社会になる。

 

 

文章にしたら怖い。

何に怖さを感じるかというと、自由度がなくなること

誰かに「決めてもらって」安心するという姿ですね。

 

自分でリスクを判断する

バイクに乗ること自体は、常に危険が伴います。

そのリスクを自分に内包して、行動を選択して、それに対するメリットと、起こった結果を受け入れる。

いわゆる「オウンリスク」の考え方。

 

この考え方が少しづつでもいいから、文化として浸透していって欲しいと願っています。

 

 

土台は自由。法律の範囲内であれば何をやってもいい。だけど結果は受け入れる。

だからバイクの服装は、ライディングジャケットやTシャツでも、革ジャンでもいい。楽しい格好でOK!

でも起こるリスクは、自分で受け入れる。人のせいにしない。

 

まぁ自分が着用する場合の「自己ルール」としては、
Tシャツは、遠出しなければぎりOK。タンクトップはなし。短パン・サンダルもNG。
ブーツがいいけれど、スニーカーも可。
遠出の時は、夏でも風でバタつかない長袖を着用。

こんなところでしょうか。

 

 

2016年に入ってから、ベッキー問題に端を発した、行き過ぎにも見える一罰百戒が有りました。

願わくば、

「あれはオウンリスクの考え方が浸透する、大きな波紋だったんだなぁ」

と後で言えるようになったらいいなと思います。

 

以上です。

 

 

 

追記:

 

自分もバイクで事故ったことがあります。低速ですが、転倒したこともあります。

その時は膝、片口、二の腕を擦りむいたりして痛かったです。

また、あまり思い出したくないですが、大事な友達もバイクで亡くした経験もあります。

辛かったです。

 

その後自分が学んだ事は、プロテクターの類というパッシブな防衛策も重要ですが、それと同じくらい、走行時には心の余裕と、慎重さが大事であること。

ある意味ポジティブな防衛策の重要性です。

具体的には、

  • ゆとり
  • 思いやり
  • 謙虚で冷静な心
  • 危険の予測
  • 安全を甘く見ない心構え

これらを常に持つことで、事故のリスクは大幅に下がるはずなのです。

 

 

もちろん、ゼロにはできません。

突発的な人・車・動物の飛び出しだったり、追突など回避が困難な事故もあるでしょう。

そのリスクも必然として内包し、パッシブ&ポジティブの両面から、安全で末永く、そして自分に正直に、楽しくバイクに乗る。

そんな姿を、これからも追い求めていきたいと思います。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - おしらせ・雑記