SR400

SR400の販売終了、今後の値上がりと次期モデルについて

投稿日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

とうとう来たかという感じ。

がっかりするかなぁと思っていたのですが、思った以上にすんなり受け入れられました。

SR400廃盤の話です。

 

販売不振も一理あるでしょうが、17年9月から施行される排ガス規制に適合させるのが難しくなったため、いったんモデルを整理するというのが大きな理由のようです。1978年モデルが初代なので、もう生産開始から39年にもなるんですね。

この記事を書いたのが2017年の9月。この段階で、次期モデルの開発が明言されていています。ヤマハがどのような回答を出すのか非常に興味があります。

個人的にはドラッグスターの販売終了のほうが堪えましたね。大学の時のいい思い出のバイクなので(それにあれは後継見込めない…)

 

 

自分とSRの思い出

自分も1年位SR400に乗っていました。97年式だったと思います。いわゆる2型ですね。

詳しいインプレッションと言うか、僕が感じた感想はこちらの記事にしこたま書いているのですが、一番感じたのは「SRって70年代当時のシングルスポーツだったんだなあ」という事でした。

21世紀目線で見るとどこからどう見ても、レトロなルックスと機構のバイク。だから、「とことこ走る」のが楽しいバイクかと思っていたのですが、そうばかりでもない。スロットをワイドに開いて、エンジンにムチを入れて高回転をキープし続ければ、しっかりスポーツ走行できるポテンシャルを持っています。

 

150kgという扱いやすい重量を活かし、ひらひらと体重以上させながら、単気筒ならではのビートを楽しめる。初心者には優しく、ベテランにも予想外の懐の深さを見せる。そんな間口の広さを持ったマシンだったように思います。

 

 

大きな仕様変更

SRはディスクブレーキになったり、キャストホイールが出来たかと思えばスポークドラムになったりと、細かな仕様変更が何度か有りました。

その中でも、何と言っても大きかったのが、2008年に一度販売終了したこと。そして2009年のインジェクション化による販売再開です。

 

レトロな外観をキープしながら、当時可能だった最新の機器を投入。電子系統の臓物を大きく変更たため各種マウントが変更。既存のカスタムパーツの取り付けができないという弊害もありました。

ただキックスタートは意地でも残し、メーカーもSRが「SRである理由」をキックに込めているんだと、語らず作りで示してくれた、という歴史がありました。

 

このインジェクション化による再販があったから、僕は今回の販売終了の報を受けても、気持ちを整理させやすかったのかもしれません。

SRの砂時計は、30週年の2008年に一回尽きていたわけです。それが10年分補充され、39年目にしていよいよ最後の一粒まで無くなった。ヤマハさんは、可能な限りの対応策を売ってくれたわけで、むしろここまで頑張ってくれた事に感謝したいです。

 

 

 

今後の値上がりについて

今まではなんとも感じていなかったバイクが、「生産終了」の4文字を貼られると、途端に価値を感じて欲しくなってしまう。そんなことが多々あります。希少性ってやつですね。

 

SRについても、W650やゼファーのように、生産終了後にじわじわと中古市場の価格が伸びていくことも十分に考えられます。

細かい仕様が多岐にわたり、限定車両などがたくさんあるバイクですから、マニアックな基準で探す人もたくさんいるでしょう。値崩れしにくい要素はたくさんあるように感じられます。

カスタムパーツやノウハウも豊富ですので、今乗っている方は大切に乗れば、徐々に価値が上がってくる事も考えラエルと思います。

 

 

 

次期モデルについて

次期モデルですが2017年9月現在、空冷のまま、水冷化など色んな噂が出ています。

セローやトリッカーなども販売終了する話が出ていますので、コレを気に車格を下げて、250ccクラスの兄弟車両になる可能性もゼロではないです。

 

個人的にな次期SRの希望

ココからはあくまで個人的な意見ですが、次代のSRは近代的なルックスになってもいいんじゃないかと考えています。

キックなしでもいいと思うし、水冷でもいい。2017年の現状を考えるのであれば、極論だけどシングルでなくても良い

レトロルックに媚びるのではなく、現代目線で見た「新たなトラディッショナル」となりうるスポーツバイク。

これをヤマハさんに提案して欲しいと感じています。

 

御存知の通り、現在125cc~400cc程度のクラスは、世界的に熱い視線を持って迎えられています。

KTMが小排気量の市場を切り開き、BMWも300ccクラスのマシンを出しました。ホンダもスモールクラスに力を入れ始めています。日欧の成熟市場と、アジアやインドの成長市場の両方を、大小あらゆるメーカーが狙っています。

 

国内でも、YZF-3Rという320ccのバイクが販売されたり、スズキのジグサーというバイクは、インド生産の150ccです。日本国内の法規や税区分にはとらわれず、自由なバイクづくりが広がってくると思います。

 

 

車両コンセプトとしては、

例えばXSR900のコンセプトを踏襲する、小排気量スポーツ

名前もSR入ってるし。モジってSRXの復活も面白いです。

ガチ勢はMTシリーズやYZFさん達がいるので、あくまでカジュアルに。流行りのネオクラシックも悪くないけれど、次世代のトラディッショナル・スタンダードになるような、新たなデザインの文脈。

確かにネオクラやヘリテイジは、出せば売れるでしょう。実際2017年の東京モーターショーでは、Z900RSの発表が控えています。ただ、もうなにか手垢が付きすぎている気がするんです。ちょっと閉塞も感じる。そんな感情をぶち壊すような、新たな価値観を提示するバイクを期待してやみません。

 

 

すごく無責任で難易度の高いことを要求しているのはわかっています。

 

でもヤマハなら・・・・という期待をせざるを得ないんですよね。ヤマハなら、コンセプトとルックス・スペックを高次元でまとめたバイクを作ってくれる。

ルックスで「ハッ」とするようなバイクが出てきたら、市場の後押しになるかもしれません。

 

 

デザインイメージ

ルックスは、尖らせるんだったらハスクバーナ vitpilen401とかね。この系統。

KTM DUKE390のエンジンを搭載したこの車両。トリッカーのエクストリーム的なテイストが含まれてますけど、こんな感じのアーバンコンセプトのマシンは面白いんじゃないでしょうか。

 

あと、無難にネオクラシックを進むのであれば、このMVアグスタのSILVER VASE 440ような路線も。

コレとてもかっこいいバイクなのですが、僕の考える時期SRのイメージ像からは、若干レトロに軸足を置きすぎている部分があるかなと。例えばSRXのようにキャストホイールにするとか、メーターやライト周りなどを少しいじって、都会的な要素を取りいれていくとか。

そういった工夫というか、クロスオーバー的要素が入ると、より面白いと感じます。

 

ただヤマハにはXS-V1 SAKURAという、未だに皆の心に大きな衝撃を残しているコンセプトモデルがありますね。

V型エンジンはBOLTという形で一応の回答が出ています。ただあちらはアメリカンで、このSAKURAの文脈は踏襲して居るとは言いづらいです。まかり間違ってそっちが出てきたとしたら、それはうれしい誤算だったりします。あまり期待せずに待っておきたいです。

 

 

まとめ

ある製品が、改良を受けながらも「40年ほぼ同じ形で作られ続ける」というのは、並大抵のことではありません。

極めて趣味性が高く、しかもライバルの性能向上も著しいバイクという製品において、独自の立ち位置を勝ち取り、市場での存在感を放ち続けたこと。

SRという名前を聞くと、なにかそれが普通のことだと感じていたのですが、今回記事を書いて改めてその凄さを感じました。華麗な部分だけでなく、作りて売り手には、幾多の泥臭い努力や葛藤などもあったに違いありません。それら全てがSRの歴史に彩りを与えていました。

 

ですがその歴史にも、おそらく上がらない幕が降りました。

役目を終えた。

その言葉が一番しっくり来るのかなと感じます。

 

次期車両は、先代の名前が偉大すぎるがゆえのプレッシャーなどがあるかもしれません。それでも2020年代以降を見据えた、新しいモーターサイクルのスタンダードを担う車両が出てきて欲しい。

そんなことを勝手ながら思っている次第です。

 

SR、お疲れ様でした。

 

 

 

以上です。

 

自分が過去SRに乗っていた時のインプレ記事はこちら

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

WPLTD




 

WPLTD




 

AD



-SR400

Copyright© Z400LTD.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.