Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

車メーカーがオススメ燃料・オイル添加剤:PITWORKブランド

   

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

先日、燃料添加剤の「フューエルワン」について、その成分と効く原理についての記事を書きました。

かなりの反響をいただき嬉しいです。

リンク:燃料添加剤(フューエルワンなど)の成分と原理 

 

 

icon_256

今回は、数多の燃料添加剤・オイル添加剤の中で、自動車メーカーが進めているオイル添加剤について記事を書きます。

以下の流れで記事を進めます。

  • メーカーが勧める添加剤
  • メーカーが勧める理由
  • 注意点とまとめ

 

 

 


メーカーが勧める添加剤

これらになります。

 

 

これらが、メーカーがお墨付きを与えている添加剤です。

全て、PITWORK(ピットワーク)と言うブランドの商品です。

 

 

 

PITWORKとは

pitwork-logo

このブランドは、日産が消耗品製造しているメーカーにOEMを依頼して、「独自ブランド」として販売されている商品群です。

良く目にするものは、ワイパーやオイルやエアフィルター、バッテリーなど。日産ディーラーで修理や部品交換を依頼すると、このロゴマークがついた商品が使われます。

 

ここで注目に値するのが、燃料添加剤・オイル添加剤も販売されている事ですね。

胡散臭い商品の代名詞と言える添加剤を、メーカーの看板をしょったOEMブランドで販売しているんです。

 

 

 

メーカーが添加剤を勧める理由

icon_012040_256

メーカー、特にカーディーラーは、車検や修理・メンテナンスで利益を稼いでいる部分が多いです。

 

upsell-crosssell_44cdb4b66eupsell-cross-sell

たとえば車検にプラスαして、

「車のコンディションを改善する添加剤はどうですか?」

とうオファーをしてくるわけです。(これをクロスセル手法といいます)

メーカーとしてはカンタン作業で短時間で済み、価格もこなれているので、たくさんのお客さんにオファーでき、収益を上げやすいのです。

 

2015-01-03-14.04.57

またオイルや冷却水漏れ箇所の完全な修理となると、いろんな部品を外して清掃・交換していかなければならいので、お金も時間もかかります。症状が軽いうちは、一時的にしろ漏れが止まって延命できるため、お客さんにとってもメリットが有ります。

 

 

OEMブランドを作って信頼度アップ

そういうわけで、自動車部品メーカーは、そこそこ効果がある商品をケミカルメーカーから大量買い付けします。

また体力があるメーカーは、先ほど言ったように、純正部品としてOEM販売することで価格を抑え、なおかつ「メーカー純正商品である」というブランド付け&箔付けをして、効果を感じてもらいやすくしているのだと思います。

 

 

20120531175937_4fc732f956c4e

商品の選定という点で見ると、一応ディーラーで販売する以上、変な商品は絶対に出せません。

車を壊しかねない商品などは絶対に紹介できないですし、それなりに効果測定もされているはず。

ですので、ディーラーで販売されてる品は、「車メーカーがお墨付きを与えている商品といっても過言ではないでしょう。

 

 

燃料添加剤

ちなみに、ワコーズのフューエルワンのOEMです。中身は同じ。

 

こちらもワコーズの品と中身は同じ。オイルの潤滑性能を上げる添加剤です。

 

top

ワコーズさんはメーカーと協力して、「新車開発の一部」にも携わっているとの話を聞いたことがあります。一般市場に流通している品も性能が良いと、メーカーが認めているのでしょう。

 

 

エンジンオイルの漏れ止材

これはニューテックさんの製品ですね。全く同じ名前の、NC81という品です。LTDで使ったことがあります。

僕のLTDは、シフトドラムの付近からオイルのにじみがあります。これを使った後は、にじみが確かに減ったような気がしています。あと一時的ですが白煙も減りましたので、オイル上がりや下がりにも一定の効果があるみたいです。

実際にディーラーの工場(日産以外)で働いている人に聞いたのですが、軽いオイル漏れはこれを使っているそうです。

 

 

 

 

注意点とまとめ

注意点としては、車用と書かれている品物があります。バイクに使えないものがあります。

具体的に注意すべきなのは、オイル添加剤

 

2009_08_08_01

バイクのエンジンオイルは、クラッチの潤滑も兼ねている場合が多く、バイクに入れるとクラッチが滑ってしまうんです。エンジン内部の滑りを良くする成分が、バイクに対しては悪さをしてしまいます。

バイクNGのものは、バイクにいれないでください。

 

 

url

以上、メーカーがお墨付きを与えている、添加剤についてのまとめです。

いろんなメーカーの添加剤がありますが、自動車メーカーのブランドネームを傷つけないような、効果のある商品も存在します。

添加剤を使ってみたいという時に、選定の参考になれば幸いです。

 

以上です。

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - ケミカル類