Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

Z400LTDの今後の方針について

      2015/12/28

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

images.jpg

お久しぶりです。 なんやかんやございまして、結局ペースを上げての更新ができずじまいです。

まだ宇都宮はいたるところで雪が残っております。 まぁ関東近辺こんな感じなのかもしれないですね。 ただ日に日に暖かくなってきていて、 春の訪れも感じています。

 

■今回は2つほどお伝えをしたいことが有りまして、 久しぶりに立ち上げました。 まず一つ目。

 


■Z400LTD車検切れ

XSS-2012-11-25 13.59.15.jpg

正直2年前も同じような記事を書いたことが有りまして、

またかよ! って話なのですが、車検切れていました。

 

それも保険を更新するとき車検の年月日を見て、 「あ、明日切れるわ。」って感じで気づきました。無関心極まりない。

それだけ乗ってないということですね。はい。。

 

s-2011011208453660119.jpg 実際問題、前回の日の出ツーリング以降エンジンかけておりません。

身辺がバタバタしていたことも有りましたが、 今年の寒さは本当に厳しく、乗る気力が大分薄れてしまいました。

 

似たような方もおかったのではないかと思います。 現実問題では、3/20が自賠責保険の期限に成ります。 3月下旬に、個人的にかなり意味深いツーリングイベントがあるので、 それまでには車検取りたいです。

 

RENTAL.png

 …レンタルバイクで参加するのも面白そうだなぁなんて思ってもいます。  

 久しぶりにガチスポーツバイクも乗ってみたいです。

 

 

■やることリストの整理

やることリストを、マインドマップにしてまとめてみました。

日頃から妄想はかなり色々するのですが、フワーッとして生まれては消えて、という感じで、 全然まとまらない事が多いです。イイひらめきがあってもどこかに行ってしまったり。 だから、定期的に何かにアウトプットする必要があると思っています。 あと公開したら後には引けなくなりますしね。

 

●まずは整備について。

整備リスト.png

消耗品の交換と、経年劣化が起こりそうなパーツを交換したいです。

 

スロットルワイヤーとかは6年近く交換していないことに気づきました。 多分Z400FX系のロングワイヤーが流用できると思います。 カムチェーンの張りも全然チェックしていません。 というかチェックの仕方がよくわかっていません。 マニュアル読んでもいまいちぴんとこない…。 今度誰かに教えてもらいたいです。 このへんは楽しみながらやっていきたいと思います。

 

●次はカスタムプラン。

カスタマイズリスト.png

今迄4~5年位、ずーっとノーマルテイストを守って乗ってきました。

今度はちょっと手を入れてスタイルに変化をつけてみようかと思っています。 そんなごりっぱなマシンではないし、 改造して周囲から文句を言われるような車種でもないので、 思う存分やらせていただきます。

 

 

●一つ目の案はB級チョッパー

「B級映画」 という言葉が有ります。

低予算・短期間で作られた映画、という意味合いで使われはじめ、 転じて予算や製作期間にとらわれずに「質の悪いつまらない映画」という ような意味でも使われる様になってきました。 ちなみに英語でも“B movie”というそうです。

 

コレをチョッパーというバイクのジャンルにも当てはめて、 B級チョッパーという単語が、ここ5年~10年の間に広まってきました。

B.png

B級映画同様、「個人の主観・知識・好み」に大きく左右されるため、 そもそもの言葉の定義がすごく曖昧です。 明確にどういう乗り物・スタイルなのかという事を きっちりと枠組みする事が困難な枠組みの一つです。

 

あくまでも自分の定義になりますが、、、

  • 時代背景的には1970年代。
  • プロのバイクビルダーが製作したような、 十分にお金をかけて綺麗・丁寧に作られたカスタムマシンではなく、
  • 金のない高校生や若者が、
  • 聞きかじった知識や有り合わせの部品を加工して、
  • 「バイクを弄り倒したい!」という思いを、何とか形にしようと努力して、
  • 頑張って作り上げた粗削りのチョッパー。

という風な感じで認識しています。

70年代のアメリカ文化黄金期に花咲いた、 モーターサイクルカルチャーの中の一つです。

 

もうちょっと写真を交えてお話をすると、

mainimg.jpg

参考:KURUMAZAKASHITA MOTO-CYCLE / 1998 XL883

 

R0034858.JPG 参考:Bratstyle

 

6269ae7753b0385029af7704dd0738b6.jpg 参考:2%erさん

  • 一般的にロングフォーク系のマシンが多く、
  • 凝ったものだとガーターフォークなどを使っているマシンも。
  • シーシーバーが装着され、ハイマウントのナンバープレートが定番
  • 段付きシートやキングアンドクイーンシートが付いている場合が多。

 

  1.  ロングフォーク  
  2.  シーシーバー
  3.  段付きシート    
  4.  これがB級チョッパーテイストを醸しだすマシンの、 三種の神器だと考えています。

 

塗装されている場合は派手で荒々しい物が多いです。

まあ早い話が、こんなマシンを作りたいわけです。

20120403_1956640.jpg

正直あまり頭良さげには見えないと思います。

嫁のYさんに話をした所、「どんな方向に向かってるの?」と心配されました。 ただフレームをちょん切ったり後戻りできないことはしない予定ですので、 飽きたり乗りづらかったら元に戻します(笑) 楽しいマシンを作っていきたいです。

 

 

●もう一つの案はアメリカン・ストリートレーサー

R00290811.jpg 参考:Bratstyle コレ又定義が難しいジャンルですが、、、

要はアメリカンバイク使って、 峠道をとかをかっとばせるようなマシンに仕上げましょう!

という感じのコンセプトです。

 

あえて言うなら、

前後を若干ローダウンして、 ドラッグレーサーのテイストを少し加味できればよりスタイリッシュだと感じています。

エンジンはできるだけパワーが出せるようにして、マフラーは2in1の集合管。短いながらもよく動く、ええリアサスペンションを使って、 よく止まるようにブレーキとタイヤを強化して、、、、 そんな感じの車体設計で作ってみたいんですね。

 

車体もできるだけ軽量化。 フロントフェンダーの剛性はスタビとかで確保しつつ、 バネ下荷重の軽量化がどのくらい影響して、それは体感できるものなのか? とかを検証してみたいです。

 

 

 

それから、 ハンドルはバーハンドル。コレは絶対です。

スポーツというとセパハンが浮かぶのですが、 僕の中では、ドラッグバーが一番好きなハンドルです。 直線的なスタイリングがたまらなく好きなのです♪ 暫くはドラッグバー信者として活動していきます。

 

2013-03-24 14.08.50.jpg

さて、長い話になってしまいましたが、 今後も楽しみながらLTDと付き合って行きたいと思います。

楽しみながら、インプレを乗せながら、 新しいことにチャレンジしていきたいと思います。

よろしくお願い致します~。

 

以上です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - 外装