Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

足るを知ってみる

      2015/12/29

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

C360_2011-02-20 12-57-08.jpg

「高速道路以外は、36馬力のLTDでも十分走れるな~。」

「しばらくはLTDで全然問題無さそう。」

そんな感覚を最近覚えています。

 

2012-10-14 10.57.11.jpg

先日の益子ツーリング。 なだらかな県道を20km位走るセクションがあったんですが、 8台と比較的多くて初心者組もいた事から、 さほど飛ばさずスローペースで走ることに終始しました。 速度にして最大で60km/h程度。 平均時速は50km/hいっていないと思います。 でも何故か楽しかった。 バルルルルルッ と低回転で走っているだけなのになぜか楽しい。 薄いながらもエンジンの鼓動感を感じて、 溶けていきそうなライディング。 不思議な感じでした。

 

4663200060_d682f81be4.jpg

■話が飛びますが、 最近はあまり遠出もしなくなり、高速道路を使うことがめっきり減りました。

今年に入って1回か2回くらいしか使っていません。 その高速道路も、 「90km/hくらいで走ったら、LTDでも気持ちいい」 ことに気づきました。最近になってようやく 3週間ほど前に高速道路をちょとだけ走った時のこと。 もともと車がすごく少ない北関東道。 90km/h程度で巡航。ほとんどの車に追いぬかれます。 勝手に抜いていってくれます。 だらーっと景色を見ながら、あまりエンジンの回転を上げずに、 ゆっくりペースでクルーズ。

 

hkjdou.jpg

そうすると、目の前に車がいなくなるんです。 負けるが勝ちじゃないけど、 ゆっくり走ったら、勝手に他の車がいない環境が作れたんです。 低パワーのマシンに乗る場合だったら、 高速道路もこういう走り方すれば苦じゃない。 むしろマシン的にも人間的にも楽。 新しい発見でした。

 

FxCam_1334461030738.jpg

■これらの走りを通じて自分が気づいたのが、 「自分のマシンの性能に合わせて走る」 この重要性です。

もともとこういう考え方は持ってはいたんですが、 今回新たな切り口に触れることができました。 コレまで「自分のマシンに~」という事を考えた時、  

 「マシンを壊さないように」 という機械側の目線で考えていました。 あまりに速いペースで走り続けるとエンジンを痛めるし、 性能を超えたスピードだと止まれなかったり曲がりきれなかったりして 大変なことになります。

 

RIMG2863.jpg

でも今回気づいたのは、 機械側からの目線じゃなくて、ライダー側からの目線。 機械側からの目線は意識した上で、 「乗り手が気持ちいいかどうか」というライダー側の目線から見つめること、 それを実践するような走り方をする。 そうしたら、コレまでと違う発見があったんです。 端的に言えば、バイクに合わせて走ると、 不思議と操作するライダーも気持ちよくなるということですね。

 

DSC_0043.jpg

バイクが一番安定したパワー・性能を、 発揮できる場所・速度域・レンジで走ってあげると、 乗り手側の感動というか、 満足感も飛躍的に上昇することに気づいたんです。

LTDの場合は一般道だと5~60km/h程度、 高速道路だと90km/h+αくらいがそのレンジ。 そうやって走ると、エンジンの回転はスムーズだし、 疲労感は減るし、LTDだと鼓動感を感じながら楽しく走ることができました。

 

DSC08316.jpg

頑張ってエンジンを回して走り抜けようとすると、 「ビィーーーーン!!!」とエンジンが鳴り響いて速度は出るけど、 ちょっとでも気を抜いたらするするとマシンが減速し、 正直疲れてしまいます。。

 

1fa5389e.jpg

長距離を移動に終始するような状況の場合は、 交通の流れに合わせた上で、 自分が楽しくマシンに無理させない走り方が出来れば、 不思議と移動も楽しくなる気がしています。 飛ばしたい時は飛ばすのもいいですが、 スピード緩めてみるのも新しい発見があります。 速度域が低いマシンだったら、 ライダー自身の余裕も出るので風景とかも見れるし。

 

04_tc_motegi-300x225.jpg

■特に最近自分は、近場の楽しいところを見つける事に楽しみを感じています。

人気のない峠道とか、マイナーというにもマイナーすぎる農道とか、 道の駅とか。 そういうところだとパワーは正直要らない。 むしろ軽快感のほうが重要。 自分の走りの質がそんな感じなので、 36馬力のLTDでも十分楽しいんです。 十分早いしシートがフカフカで楽ちん。 なので今回、自分で勝手にLTDを再評価しました。

上を見たり、欲を出したりしなければ、今はそんな感じです。 「足るを知る」という事でしょうか。 ZZRに乗る人は、 400を買って、1100に乗り換えて、 最終的に250に落ち着く、という話を聞いたことがあるんですが、 今ならなんかわかる気がします。

 

BMW R80 バイク   Google 検索.jpg

モトグッツィ ルマン   Google 検索.jpg

■自分は常々、「色々なバイクに触れてみたい」という欲求は持っていて、 今は空冷4発とか、モトグッツィや古いBMWのボクサー、 リジッドマウントのスポーツスターなどに興味があります。

ちょっと前は興味というより浮気心に近い感じでした。 でも今は上に述べたような考えを経たり、 実世界やSNSで色んな方々の考えや、バイクのインプレに触れること、 更には色んなバイクに試乗させて貰う機会も増えてきて、 LTDがどういうバイクなのかが、徐々に明確になってきた気がします。

 

20111202154300-932.jpg

それを通して 「一つのバイクに乗り続けるのも悪くないな」 と感じるようになりました。

 

そんな感じです。 以上です。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - おしらせ・雑記