チャイナ≠台湾バッテリー | Z400LTD.net

Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキ旧車をハブにして、無限に広がるバイクライフを記すBlog.

チャイナ≠台湾バッテリー

      2015/12/30

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

■先日実施したハンドルポストのラバー交換の際、 LTDのバッテリーが死にかけていたのを報告しましたが、本格的に死にました。

 

気温が5℃位になると生き返るのですが、それまでは全く放電してくれません。 セルを回し続けてまたブラシが無くなってしまうのも困るので、 思い切ってバッテリーを購入することにしました。

 

■購入したのがコレです↓

by カエレバ

流石にチャイナバッテリーは心理的ハードルが高かったので、 今回は台湾製にして見ました。

「台湾ユアサ 正規品」

それでも何とも胡散臭いと言うか、いかがわしい響きです。 まぁユアサさんは台湾に工場の1個や2個持ってるでしょうが…。

 

3.jpg

■よくヤフオクでたくさん出品されている激安中華品の、

「年間500万台の実績!」「信頼と経験の●●バッテリー!」

みたいなのに比べたらまだ言葉に重みがありますが、 どうにもこうにも判断が付きません。 ただ南海部品あたりでユアサやFBを購入すると、15000円~20000円位取られてしまいます。 背に腹は代えられないので思い切って購入することにしました。。 はい、私人柱になります。

 

RIMG3150.jpg

■購入から1日で到着しました。さすが千葉からの発送だと早いです。

運送会社からの引渡しの時に、「劇薬購入時の念書」のようなものを渡されました。 おそらく硫酸が入っているからでしょう。 文面的にもそんなに変な内容じゃなかったので、 署名して提出しました。

 

RIMG3152.jpg

バッテリー購入時にレビューを書くことを選択すると オマケでグローブを貰えるらしく、物は試しでいただくことに。

RIMG3154.jpg

RIMG3155.jpg

…君は作業用BOXに入れておくね。

 

RIMG3158.jpg

RIMG3160.jpg

RIMG3162.jpg

外箱の至る所に書かれている、日本にはない漢字。。

 

■それでは開封してみます。

RIMG3168.jpg

中身はバッテリー本体と、硫酸入のプラパック、ボルト&ホース そして取扱説明書でした。

 

RIMG3164.jpg

説明書は至ってシンプル。 図は手書きです。

■本品の型番は、12N12A-4A-1というあまり見慣れないモノ。

 

GSユアサのYB12A-Aに適合するとのことだったのですが、なんか府に落ちません。 そもそも「台灣湯浅電池」なる会社があるのかぐぐってみました

 

1.jpg

すると割とまともなHPが出てきて、

 

2.jpg

 

あ、正規ラインナップされてる!

コレが本当に正規品かはわかりませんが、 とりあえず世の中に存在する型式のもののようです。

 

RIMG3169.jpg

“A PRODUCT LICENSED BY JAPAN’S YUASA”

の文字がバッテリーの側面にあります。 とりあえずなんか安心できました。

 

RIMG3175.jpg

■端子はボルト-ナットを通して端子を固定するタイプ。

端子にネジ山が切っていないので、若干めんどくさい固定方法です。

LTDのバッテリーケースは結構奥まったところにあるので、工具入るかな…? 微妙にメッキが剥がれていますが、まあこんなもんでしょう。

 

RIMG3171.jpg

ビニール袋にホースとボルトがはいっていますが、 これはSUS材か何かの適当なボルトを流用することにします。

 

RIMG3177.jpg

げ、注ぎ口が1つだ。 6穴同時に充填できるやつじゃないの?

あれってもしかしてメンテナンスフリーのやつだけなのかな? これはこぼしたらエラいことになりそうだ(汗 気をつけて充填しましょう。 …もらったグローブはメッシュ仕様なので、 こういう時には全く役に立ちません。 –

 

 ■というわけで、今日はここまで。 来週末か、早くて水曜日辺りに交換作業をやりたいと思います。

今日は以上です~。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

WPLTD

このブログで今週人気の記事です

こちらの記事も続けて読まれています。

 - バッテリー