車体

SR400のリアサスに交換

更新日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

Z400LTD.jpg
■リアサスを、SR400の純正サスに交換しました。
難なく装着できました。
後ろから.jpg 横から.jpg
こんな感じです。
足つきはMDIサス(300mm)と殆ど変わりませんでしたが、多少柔らかく感じました。
思っていたよりは硬いですが、こっちのほうがいい感じです。
新車から700km弱で事故してしまった車両から取り外されたものらしく、
慣らしもまだ終わってないでしょうから、ワインディングのインプレも兼ねて後日報告します。
--------------------------------------------------
  
  ■チョットここで一言説明して置かなければならない事がありまして。。
  自分のLTDは、フレームから出ているサス取付用シャフトが“切削されている”
  ということです。
  購入した時から、自分のLTDはリアサスが交換されてありました。
  前オーナーが交換と推定しています。その際、交換したサスペンションの穴径が
  どうも小さかったようで、シャフト側をヤスリなどで削ったような痕跡がありました。
  イメージ↓
  ○切削前(純正状態)
  切削前.jpg
  ●切削後
  切削後.jpg
  逆輸入された車両だった為か、細部にアメリカンな仕打ちがなされていました。
  でもそのおかげで、結果的にポン付けできましたという感じ。
  
  (純正SRサスの上下穴は共にΦ14 (穴径14mm)、
   LTDもスイングアーム側は14mmなので無加工で装着可能)
  一番心配な強度なんですが、現状ギリギリ大丈夫ではないかな… と思っています。
  計算はしてないので、100%感覚頼りでの希望的観測です。。
  
  ワッシャーを上手く当てて面圧を稼いで、
   「フレーム・サス本体・ワッシャー・袋ナット」これらが一体の構造物に
  なるように締結していれば、ある程度はなんとかなるかな。。
  今までより柔らかめのサスだしね。
----------------------------------------------
MDI.jpg
■今まで使っていたMDIサスは箱入りです。お疲れさまでした。
オイル漏れはなさそうなので、外装を掃除して、ボロボロのゴムブッシュを交換して
又使えるようにしておきたいと思います。
ガソリン渋滞.jpg
■試運転を兼ねて、先日ガソリン渋滞に並んできました。
ほんと近隣住民の方にはご迷惑をかけました。申し訳ありません。
ただ車のガソリンが空で、LTDもリザーブに入ってしまったので行かざるを得ませんでした。
レギュラー満タン給油。コレで後200kmは走れます。
  車は燃料系の目盛りを"振りきってから"が給油の目安と思っていたんですが、
  今後はランプが付いたら直ぐにGSに向かいます。
  生活習慣を改めよう。。
プリウスとかがたくさん並んでた事に対しては特に何もいいません。
あと2~3日である程度はもとに戻るのではないでしょうか?
そんなことを期待しています。
そんな感じで~。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

WPLTD




 

WPLTD




 

AD



-車体

Copyright© Z400LTD.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.