MORNING RIDE

MORNING RIDE #9のレポート

投稿日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

第9回目となったMORNING RIDE.

今回も個性豊かな車両がたくさん集まって、楽しいツーリングイベントとなりました。

サプライズやトラブルもありましたが、おおむね良い走りができたと思います。

 

集合まで

10/8(日)は非常にいい天気でした。ご覧の通り雲ひとつありません。

前日の10/7(土)が、午前中あまりお天気がすぐれなかっただけに、運に恵まれた感じです。

とはいえ、

「7日に予定されていた運動会が8日に順延され、参加できなくなりました(涙)」

と言う方も数名いらっしゃったり。他にも農繁期であったり、バイク関係のイベントも3連休で目白押しになっており、つくづく秋のイベントと言うのは開催が難しいなぁと思った次第です。

そんな中でも、自分を含めて10台もの車両が朝から集まってくださったことは、とてもありがたいことだと感謝しています。

 

何気に今回は会場一番乗りでした。

 

 

その後段々集まってくるバイクたち。

 

何時も参加して下さる、5051さんのかっこいいSR。

 

入社時からお世話になっている、会社のパイセンのV-MAX1200到着。

 

多分今回で一番いい写真が撮れました。

 

会社の同期のKTM RC8が初参戦

 

Kさんの青&Sさんの赤いW1SA

 

Fさんショベルチョッパー

その奥には、今回も太田市から来て下さったHさんのSR。

レザートランクが素敵です。SRには似合いますね。

 

そして出発直前に到着したTさんのナックルヘッド

 

オーラが違います。この車両。

 

自分のZ400LTDを入れて9台で出発しようかと、ブリーフィングを始めていた時に、

 

F川さんのBMW R69Sが到着。まさかのサプライズです。

「昨晩BLOGを見て、高崎5時発でやってきた」

と言う彼。あと5分遅れていたら間に合いませんでした。

持っているというかなんというか。さすがです。来てくれてありがとう!

 

総勢10台で出発です。

 

ルート

地図へのリンクはこちら

 

今回は第1回のMORNING RIDEの逆ルート

先に宇都宮⇔真岡を結ぶ「鬼怒テクノ街道」という自動車専用道路を走り、途中で降りて東進。

その後高根沢町に入って御料牧場を抜ける回り道をして、集合場所のファミリーマートに戻るという、約1時間のカントリーロード満喫ツーリングです。

 

 

RIDEの様子

逆行でしたがとてもきれいな朝日。

 

清原工業団地の並木が美しいです。

 

 

 

テクノ街道に入ってから、恒例の走行写真撮影タイム。

今回日差しと撮影モードの関係などで、全然ピントが合わなかったり、上手く撮影していなかったりとダメダメでした。

 

 

 

使える写真が今回は少なかったです(汗

今度はもっとうまく撮影できるよう、位置取りとかを上手くやりながら撮影していきます。

 

 

消えたBMW

で、予定していたポイントでテクノ街道を降りて、信号待ちになると、

「BMWの彼どうしたんですか?」

「来てませんよ!」

とショベルのFさんが教えてくれました。

えぇ!?

と驚愕。

 

交差点の左奥に、「どうぞここを使ってください」と言わんばかりの駐車スペースが有ったので、いったん車両を退避。

 

F川さんに電話すると

  • 「ガス欠です」
  • 「今バイク押してます。安全なところに退避します」
  • 「JAF呼びます。ツーリングを進めてください」

との声が。

止まったが真岡の井頭公園のすぐそばで、

「家がすぐ近くなので、ガソリンは持ってこれるよ」

という方も数名いらっしゃったのですが、とまった場所が80km/hでの合法走行が認められている自動車専用道路の高架上。しかも片側1車線なので救援に行くのも非常に難しい。。最悪LTDのタンクを外して少し分けたりもできたんですが、道路が悪すぎます。

 

かなり難しい判断でしたが、ガス欠であれば、トラブルに慣れている彼なら対応可能だろうと踏んで、ツーリングを再開することにしました。

 

その後話を聞いたら、1車線だったのでオレンジポールの間から反対車線にバイクを押して移動し、すぐ近くにあった出口を使って高架を降りることができたそうです。

そしてすぐ近くにあった物産直売所にバイクを移動し、JAFを呼んで1時間程度仮眠を取っていたとのこと。

いや~、事故らなくて本当に良かった。

 

 

ツーリング再開

1台減ってしまいましたが、ツーリング再開です。

 

真岡市の北側を東進し、高根沢町へ抜ける県道156号線を北進。この道はいつも走っているのですが、いつもは北から南に抜けるルートを多用していました。今回は逆ルート。

レースゲームで逆走すると全然別のコースに感じたりもするんですが、まさに今回もそんな感じ。いつも使っている道が新鮮な魅力を発揮していました。

 

そしてこれだけガスっていたら、嫌でも気合が入るってもんです。

 

これでもだいぶまともになった方なんですよ。。

 

朝方の集合時間なんて、五里霧中を地で行くようなホワイトアウト。

太田から来たHさんも

「ずーっと霧の中を走ってきました!」
「こんな日に限ってバイザーがスモークです!」

なんておっしゃられていたんですね。

 

でもまぁさすがに7時過ぎたらクリアになるだろう~~と思っていたら、この有様ですわ。真岡~芳賀って結構な田園地帯。かなり日が昇っていても全然霧が晴れていませんでした。

今回走ったのって10㎞四方くらいなのですが、ここまで景色が変わるのか~と、変な感慨のような気持ちを抱きながら走っていました。

 

その後御料牧場を抜け、個人的に好きな国道を南下。途中ちょっと自分の不手際で、信号待ちで途切れた4台を見落としてしまったのですが、何とかリカバリできました。

 

宇都宮に戻ってきたらこの青空ですよ。ものの5㎞も離れていないのにね。

 

ほんと別世界です。

 

 

到着

そして9台が、集合場所のファミリーマートに無事戻ってきました。

 

 

ファミマに付いてヘルメットを脱いだ折、

「いやぁ気持ちよかった!」

という声が聞こえてきたので、あぁやってよかったなぁと感じました。心から。

 

 

 

皆さん他の車両に興味津々。

 

 

ショベルのリジッドチョッパーを後ろから眺めていた人は、

「段差超えるたびにフレームうねってるのが見えてドキドキした(笑)」

 

ナックルのフランダースのハンドル&ドッグボーンらいざーという最強のセットアップを確認して、

「なるほどね~こういうハンドルついているから、ああいうライポジになるんだ」

という風に納得したり。

 

はたまたKTMを見て「タイヤが極太過ぎる…」とカルチャーショックを受けたり。

 

何時もの温故知新&最新技術タイムに花が咲いていました。

これもこんなごった煮のイベントならではですね。

 

自分も先輩のご厚意でV-MAXに乗せてもらう事ができました。

大学の時以来、ひっさしぶりに乗せてもらったので鍵の位置を忘れる始末(タンクの右前)。別に記事書きたいと思いますが、パワーの塊みたいなバイクでした。

 

まとめ

そんなこんなで、MORNING RIDE #9をお開きです。

この後すぐに帰宅した人もいれば、歓談を楽しむ人、那須方面にツーリングに行かれた方もいらっしゃいました。

バイクを集中してガッ!と楽しみ、それが皆さんの素晴らしい1日の起点となる。

それが形になったようで、今回もとても嬉しかったです。

 

 

追伸:

自分は帰宅後、ガソリンを補給したF川さんを家に呼んびました。

結局2時間くらいお話をしていましたね。

 

BMWはガソリンを入れたら普通に復活したみたいで、文字通りガス欠だったようです。

まぁ彼が朝取った行動を振り返ってみると

  • ガソリンを補給しなかった ⇒ ガス欠
  • ガソリンを補給したら… ⇒ 集合時間に間に合わなかった

という、ある意味正解のない2択になっていました。

あと30分早く出発して…と言うのが正解だったかもしれないけど、朝4時半出発は酷だわな。。あと全然寝ていなかったようなので、直売所で仮眠を取ったのも本当に良かったみたい。

 

ちなみに自分は5月に引っ越ししたのですが、以前F川さんが住んでいたところと目と鼻の先なんです。

彼が住んでいた頃とは、街の風景がだいぶ変わっていたようで、「こんなに変わったんだね」「全然別の街だわ」と、とても驚いていました。

また昔話をいろいろしたりして、「なつかしいなぁ」なんて声を聞くことが出来ました。自分も腰を据えてF川さんと思い出話ができて嬉しかったです。他愛もないことから、普段できないような色んな話に花が咲きました。何よりとても元気そうだったので嬉しかったです。

ぜひまた遊びましょうということで、しばしお別れです。今度はしっかりご飯でも食べましょう。

 

追伸その2

次回の日程は未定ですが、第10回大会になります。

何かやろうかとイベント画策中です。

期待せずに待っていてください。

 

 

以上です。

 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

WPLTD




 

WPLTD




 

AD



-MORNING RIDE

Copyright© Z400LTD.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.