Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

自分の鍵のトラブルの話 (その顛末と教訓)

   

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

group1

先日のツーリングで「友達のバイクの鍵が回らない」というトラブルが合ったんですが、実は自分も鍵絡みのトラブルを抱えていたんです。

全く人のことを笑えません。

先週の話です。

 

 


お見送りの際に・・・

かみさんだけ出かける用事があったので、見送るために自分がラシーンのカギを持って、表の駐車場に向かいました。

自分がロックを解除し、カギをかみさんに手渡し。そして荷室に乗せていたタイヤ&オイル交換で使用した工具を取り出して、ラシーンを見送りました。

で、家に戻るとですね。

鍵が開いていないわけです。

 

 

正確に言うと何故か自分が閉めた

 

 

snapshot20070614031727

 

間が悪いことに、携帯電話も財布も家の中。

ケータイがあれば車を呼び戻せたし、最悪財布だけでもあれば、嫁と実家の連絡先が書かれた紙があるから対応可能。何もないんです。裸一貫。手元にあるのはフルセットの工具だけ。

 

「・・・窓を割れってことか?」

かなり明確にそんな思いが頭をよぎりました。

さてどうするか・・・ と考えたんですね。

 

 

hqdefault

嫁は、家の近くの踏切のほうに曲がっていった。気づいた瞬間にもうダッシュすれば、捕まえることができたかもしれない。今思うとそんな感じがします。

「さぁどうしようか」と腰を据える前に、とっさにそういう事が思いついたり、思いつく前に体が動かす。そういった行動ができないと、生き馬の目を抜く21世紀をサバイブできない。

 

 

あとケータイが無いこともそうですが、財布が無いという事は、身分証明書のたぐいが一切ないという事。

「自分が自分である」ということを証明する方法が一切ないんですね。なにかそっちの方が恐怖を覚えました。アパートの管理会社に連絡しても、本人確認ができない。誰も頼れない。不審な30過ぎのおっさんでしか無いわけです。

 

 

 

最終的に取った手段

幸いなことに自転車のロックが外れていました。

そこで自転車で3分程度のところにある鍵屋さんまで走り、開錠を依頼しました。

 

15分程度で軽トラックが来て、見事にドアをあけてくれました。開け方の詳細は申し上げられないんですが、特殊な工具を使って、1分かからず。ホント鮮やかです。

で、料金ですが、

 

 

14000円でした。

実作業時間1分以内で、14000円です。

最初は5000円くらいかなと思っていたので、倍以上、3倍近い金額にひっくり返りそうになりました。言い値にしては・・・高すぎるんじゃ・・・

まぁ来ていただいた、開けていただいたので、その対価は支払わなければいけません。

ほんとうに高い勉強代になりました。。

気をつけます。

 

 

 

 

今回の教訓

何個か今回の出来事で、教訓めいたものを感じました。

 

風呂場の窓は外れる

うちの家の風呂場の窓は、このタイプです。

img_10

これ、外から上に引き上げると簡単に外れました。。

最悪、風呂場の窓から侵入入室しようと思い、やろうと思ったらできる事が判明したんです。(実際は幹線道路から丸見えなの泥棒と間違えられる可能性、肩か腰が引っかったり、滑りやすい風呂場の壁だと大怪我する可能性があり、実行には至らず)

メーカーとか作られた時代、詳細な構造にもよるんでしょうが、あまりに簡単に外れたので恐ろしくなりました。

もし引っ越して、借家の1階とかに住むとしたら、チェックする項目が1個増えました。

 

 

感じたことを、めんどくさがらずにやる

あと変な話なんですが、

 

img_0

「・・・鍵は二個持って行ったほうがいいよ」

 

と、何かが脳内に直接訴えかけてきたんですよね。玄関を出るときに。

 

馬鹿な自分は、

「まあいいや」「なんかめんどくさいし」

と思って無視したんです。ヤラなかった。

 

おそらく経験とか感情がメッセージを出していたのに、ほんの少しの手間を惜しんで実行しなかった。そしたら40分以上も時間を無駄にして、おまけにお金ガッツリ損してしまったんです。

これまでも、まぁここまで大きなトラブルにはならなかったものの、「やったほうがいいんじゃないの?」という思いがよぎったけれども、サボって回避し、結局後から大変なことになることが何回もありました。小さなトラブルの時点で直しておかなかったから、こんな感じの大トラブルが起こってしまったんですね。

(まぁそれでも人様に大きな迷惑をかけていないだけ、マシなのかもしれません。)

 

 

まとめ

20121107191232

今後は、しょうもないことで損したりとか、

人様に迷惑をかけないよう、謙虚な気持ちで生活していきます。

 

以上です。

 

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - おしらせ・雑記