DIY

続・配管接続具の銅メッキ

更新日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

昨日の記事
荒いメッキ.jpg
■昨日3時間かけて配管支持金具を銅メッキして、出てきた結果が上の写真のようにゲロゲロだったわけです。
が、自分の手元にはあと4個の金具が残っていました。
当然これもメッキします。
溶液中の塩酸もだいぶ抜けたようなので、サンポールを追加投入してメッキ開始。とにかく通電時間を長くし、徹底的に時間をかけたらどうなるのか?というのが今回の狙いです。
~~~24時間後~~~
キレイにメッキできました.jpg
すげーー!全く別物だ!
相変わらずムラが多いものの、見た目は完全に酸化していない銅色です。
裏表共にきれいにに銅でメッキされています。
一目瞭然.jpg
比べてみると一目瞭然。輝きが違います。
微弱電流でもいいから、やっぱり時間をかけてメッキし続けたらきれいになるんだなぁ。
これはいい勉強になりました。
メッキするときは、前日夜投入して仕事帰ってきてから回収、というパターンが一番かもしれませんね。まあ換気とかしっかりしていないと塩素中毒にナリマスが(汗)
金ザルもメッキ済み.jpg 廃液.jpg
金ザルが一番長く溶液につかっていたわけですが、
こいつが一番キレイにメッキされています。なんか悔しい・・・。
廃液は長時間通電していたためか、サンポール色が薄まって白っぽくなっています。この仲には銅イオンがたっぷりのはずなので、次回メッキする時用にとっておきます。もちろん梱包は厳重に。
次回サンポールを大量に継ぎ足してあげれば、溶けている銅イオンと相まって無駄無く使用できるはずです。
■週末にバイクに取り付けたいと思います。
ぴかぴかすぎる感じがしますが、しばらく走ったり濡れたり触ったりしているうちに、いい具合にやれてくるのではないでしょうか?
DIYの醍醐味をとくと味わう事ができました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

WPLTD




 

WPLTD




 

AD



-DIY

Copyright© Z400LTD.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.