Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

秋のシーズンまっただ中で、ブーツを手入れする

   

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

先週の日曜日は、宇都宮市で久々に太陽が顔を出しました。残暑を感じられる陽気。僕の家の周りを走る、バイクも多かったように思います。

 

 

そんな中、自分は家で子供の世話をする合間に、ブーツのメンテナンスをすることにしました。

基本的には、先日書いたブーツのメンテナンスの記事の踏襲になります。

 

 

img_1727

これが僕の格安ライディングブーツ。アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)の格安ブーツ。半年ほど使いました。だいぶ足に馴染んできて、シフトチェンジや体重のかけ方など、このブーツを使った乗り方もわかってきました。

だいぶ革が乾燥しているので、メンテが必要ですね。

 

基本的な作業手順は、

  • ブラシで掃除
  • マスタングペーストを塗布
  • 風通しの良いところで1日陰干し

この3ステップです。

 

 


1.ブラッシング

img_1728

まず靴の汚れをブラシで取ります。

 

なお、私のブーツはスリーレッグスさんのシフトガードが付いているので、これを取り外します。

ネットショップの販売ページのリンク

このシフトガードもかなり馴染んで、快適なシフトフィールを提供してくれます。今では欠かせないライディングギアです。

 

 

img_1731 img_1732

馬毛のブラシで入念にブラッシング。汚れや、表層の旧い油脂成分をこれで落とします。

部屋が汚れないように、ベランダなどでやりましょう。

 

 

↓ちなみにブラシはこれを使いました。

 

 

 

2.オイル塗布

img_1739

次に、革ケアクリームの雄、マスタングペーストを塗布。

 

img_1740

今回も指で塗り込みます。

 

↓マスタングペーストは本当に便利で使い勝手がいいです。

 

 

img_1741 img_1744

ブーツ全体に薄く塗り込んで行きます。

少しづつ重ね塗りして行くと、塗り残しやムラが少なくなります。

 

 

img_1746

革の縫い目など、細かい部分にオイルを浸透させるのが難しい場合は、下記のリンクのような刷毛があるので、使ってみるといいかもしれません。

 

 

レザーウェアを幅広く販売されている、高崎のナットクロージングさん推奨品。

いろんな方が使っている記事を目にするので、自分も近々使って違いを確認したいと思います。

 

 

 

3.日陰干し

img_1749

塗り終わったら、1日程度乾燥させましょう。いい感じの艶が出てきました。

塗りすぎた場合は、きれいな乾燥した布で拭き上げてください。

これでOK.

雨が降ってもオイルが水をはじき、劣化やカビなどを防いでくれるはずです。

 

 

img_1750

スリーレッグス製のシフトガードにも塗布しました。柔らかくなってより使いやすくなるはず。

 

 

今後も定期的にメンテして、長持ちさせたいと思います。

以上です。

 

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - ライディングギア