Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

ASウオタニのパワーアンプコイルキット取付編

      2016/01/02

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

2014-03-16 22.01.03.jpg

取り付けてから3ヶ月ほど経ち、 効果測定も出来たので、インプレッションを書きたいと思います。

点火系の強化でその筋では大変有名なパーツ、 ASウオタニの点火コイルキットです。

 


●ASウオタニ SPIIパワーコイルキット

■注意: フルトラとバッテリーポイント点火で、 SPⅡパワーアンプという部品の中身が変わるので、 注文時に点火方式を伝える必要があります。 間違って注文したのですが、ウオタニさんは交換に応じてくれました。 正式名称は、SPIIパワーコイルキット 2気筒用の汎用製品です。 フルトラ点火、もしくはバッテリーポイント点火用になります。

 

 

どういう製品かというと、ものすごく簡単にいえば

昇圧回路+低抵抗のイグニッションコイル

このセットです。

 

2014-03-16 22.03.56.jpg

SP2パワーアンプというのが、 大容量トランジスタと半導体リレーが入ってて、高電圧を発生させる装置。

SPIIハイパワーイグニッションコイル これがノーマルの1.5~2倍の4万ボルトの高電圧を流せるコイル。 放電電流も1.5~2倍、放電時間がノーマルの2~3倍。 簡単にいえば、強い火花を発生させる事ができます。

 

i320.jpg

強力な火花は、燃料を無駄なく燃やす事ができ、 燃焼効率をアップさせ、結果的にパワーを引き出すことが出来ます。

またチューニングの世界においても、燃調が少し濃かったりしても、 強い火花で無理やり添加させることができるので、 燃料をたくさん燃やして実質的なパワーアップを期待することが出来ます。 というわけで、ずーっと昔から気になっていた商品でした。 タンクに入れるだけで燃費+パワーアップとか言う謎の液体とか、 バッテリーに繋ぐだけで燃費が上がる箱など、 そういう原理がよくわからないものと違い、 原理がはっきりしている製品です。

気になるポイントとしては、 効果があるか。 その1点につきます。

 

●事前組み立て

 

まずは事前の組み立てからインプレします。 今回準備したのは、ASウオタニのSPIIパワーコイルキット。 

SPⅡパワーアンプはポイント点火用のCタイプです。

 

それからNGKのパワーケーブルを購入しました。 低抵抗で定評のある、国産のプラグコード+キャップです。

プラグとの接続部分がL字型で、キャップとコード共に色はブラックです。

 

あと、電工ペンチが古かったので新調しました。 エーモンの電工ペンチ+ギボシなどのターミナルセットです。 使いやすいペンチで、今回はコレで殆ど事足りました。

 

 

2014-03-16 22.05.17.jpg

取扱説明書が図入りの丁寧なものだったので、 取り付け自体はさくさくと進みました。

 

C360_2014-05-10-18-04-45-747.jpg

ケーブルを適切な長さに切断し、皮膜をむしって、

 

C360_2014-05-10-18-08-18-291.jpg

中のシリコンを削って芯線を出し、

 

C360_2014-05-10-18-11-43-466.jpg

C360_2014-05-10-18-12-53-373.jpg

中をほぐして細いケプラー繊維を出して、金具にかしめる。

 

C360_2014-05-10-18-19-11-581.jpg

そしてゴムカバーを差し込む。 ただ1点だけ難点がありまして…。

 

 

●組付けに問題発生

 

コイルに取り付けるこのゴムのカバーと、NGKパワーケーブルの相性がすこぶる悪い

ゴムのカバーに対して、パワーケーブルの外皮膜が太すぎるんです。 イメージだとこんなかんじです。

 

プラグコード.png 説明書の指示だと、

「この状態まで組み上げた後、コイルに金具を突き刺し、 ゴムカバーを適切な位置までスライドさせる」

とあります。

 

プラグコード3.png

 

ただめちゃくちゃ固い。全然動かない。

コードのゴム皮膜とゴムカバーが、完全に食いついてしまってびくともしない。

 

C360_2014-05-10-18-18-10-989.jpg

渋い場合があるので、グリスなどを使って潤滑させてください と書かれていたので、あらゆるグリスを使ってみるものの効果なし。モリブデン、シリコン、メンテルーブなどいろいろ試したけど全部ダメ。

金具をコイルに差し込んだ状態で押し込み続けたら、 最終的に金具がぐにゃりと曲がってしまい、 使い物にならなくなってしまいました。

 

仕方なく、補修パーツのプラグコードコネクタセットをウオタニさんから購入。。

 

●対応策

プラグコード4.png ゴム皮膜を思い切って外してみて、シリコン部にカバーを差し込むことにしました。 ただ全部剥がしてしまうとシリコン部分に水が入るので、 後端の部分だけ少しだけ残るように調整。

 

C360_2014-05-10-18-27-12-149.jpg

この状態ならスムーズにカバーをスライドさせることが出来、 問題なく取り付けすることが出来ました!

どうやらこのゴムカバーは、 純正採用されていたり、バイク用品店で売っている 切り売りのコードのような、比較的細いタイプに適合するようです。

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ページ: 1 2

 - 点火系