整備・メンテナンス・カスタム

冷却装置としても使えます

更新日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

■アルミの洗濯バサミ。
いろんな呼び方がありますが、自分はアルミピンチと呼んでいます。
コレをバイクの空冷エンジンのフィンにはさんで、表面積を増やして冷却効率を上げよう!
ともくろんだ偉大な先人がいらっしゃいます。
RYO氏のSR.JPG
   RYO氏のSR400 (当該ページはこちら
物凄い数のアルミピンチ。見るモノを圧倒します。
コレだけ付けたら冷却効率上がるだろうと思ったら、冷却フィン周りの流体ながれ性が悪くなって、逆に冷えなくなる事もあるとか・・・。
ともかくこのSRがあまりにも強烈で、
アルミピンチを挟む文化は「カフェレーサーの文化」なんだ!
と思い込んでいました。
つい昨日まで。
■で、昨日下の写真が投下されたのです。
ナナハン大先生.jpg
   ナナハン大先生 Photo by RYO
大変美しいCB750です。あらゆるハンドルの中で一番かっこいい純正ハンドル周りから、懐に輝くアルミピンチまで。え、アルミピンチ?CB750につけても大丈夫なの?カフェレーサーじゃないジャン!?
そう思って胸倉を掴まないで質問したところ、
「洗濯ばさみはナナハンに付けてこそ、ですw」
とのお返事が。
そしてGoogleで検索かけたら、でるわでるわ。。
ああ、空冷バイクなら付けていいんだ!
■そう思った自分は、会社帰りに100円ショップに車を走らせました。
そこで入手したのがこれ↓
s-アルミピンチ.jpg
5~6個で100円のアルミピンチ。激安、形色々、しかも日本製。
一番手前の6個入りのヤツが、なんだかサンショウウオっぽくて素敵です。
とりあえず16個もあればいろんな所につけれるでしょう。
これこういうのって効果云々じゃなく気持ちが大事。ワクワク感が大事。
プラシーボでも何でもいい。
■バイクでキャンプに行って、
木と木の間に張ったロープでタオルを干す。
その際、おもむろにエンジンから外したアルミピンチでタオルを留める。
なんて事をやれたら面白いだろうなぁ。
むしろ、それだけの目的でキャンプ行きたくなってきたw

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

AD



-整備・メンテナンス・カスタム

Copyright© Z400LTD.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.