Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

オイル交換後のバイクの調子レポート

      2016/03/22

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

2016-03-19 16.57.11

先日のオイル交換の記事で、Z400LTDのオイルを交換しました。

その後走る機会があったのでレポートします。

ちなみに変えたオイルは、AMALIEというアメリカの鉱物油です。

 

 

 


1.エンジン音と排気音が大きくなった気がする

2016-03-19 13.35.53

エンジンを掛けた瞬間から、なにかこう、排気音が大きくなったような気がしました。ドルンドルンと、地響きのような音がします。いい音です。

元々AMALIEの走行フィーリングが好きだったんですが、のっけから、しかも音という形で違いを魅せつけられました。

 

 

2.加速が良い

2016-03-19 16.57.16

ちょっと道が開けたところで、すっとスロットルを握ると、今までよりも明らかに加速が良かったです。

多分コレはオイルの性能云々というよりも、今までの劣化していたオイルと比較して、クラッチがしっかり噛むようになったからだと思います。なんだかんだで半年以上オイル交換していなかったわけですから。

すっとクラッチを離してスロットルをひねると、ぐっと押し出されるというよりは、よりなめらかに滑るような感じで車体が加速していきます。うん、今まで60km/hで走っていたようなギアとスロットル開度でも、ヘタしたら20km/h位スピードが余計に乗ってるね。

こんなの初めてかもしれんなぁ。

 

 

3.エンジンのザラつきも大きく感じるけれど…

今まで半化学合成油を使っていたんですが、完全鉱物油のAMALIEのほうが、スロットルワークやエンジンブレーキの際のザラつきが大きく感じました。

ただそれは深いとか気持ち悪いというたぐいのものではなくて、ピーマンやししとうの苦味のような、良いアクセントに感じられるレベル。エンジンが暖まってくるとそれが逆にとても良い具合に作用して、クセのある楽しいライディングを展開することが出来ました。

交差点を曲がって、そこから再加速する際のエンジンフィールが、「バターナイフでちょうどいい温度のバター切ってる」みたいな楽しさが有って、めちゃ面白いんです。あーこれこれ~♪という愉快さ。究極の自己満足を独り占め。

そんな感じで田園風景の中を走っていました。いつもより余計の交差点曲がりながら(笑)

 

 

まとめ

2016-03-19 16.57.29

季節柄とか、いろんな要因があるとは思うのですが、久しぶりに面白いオイルに出会えました。

以前何度かこのオイルを使って、それ以降はMOTUL 5100など数種類をあれこれ浮気していたんですが、昔の記憶となっていた「楽しいオイル」というのはあながち間違っていなかったと確信しました。

 

しばらくはこの楽しいフィーリングで走れそうです。

ワクワクします。

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - オイル交換