その他のモーターサイクル ロングツーリング

2010の日光・塩原ツーリング

更新日:

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

KC3A0616.jpg KC3A0614.jpg
■会社の先輩たちとツーリングに行ってきました。
日光いろは坂から奥日光に走り、塩原温泉に抜けるルートでした。
KC3A0613.jpg
少々暑かったのと、途中で大雨に打たれてしまったので若干体力を消耗しましたが、
無事帰ることができました。無事故・無検挙が最高のご褒美です。
今日の時点でだいぶバイクと車が多かったので、9月上旬くらいが山では走り納めかなぁ。
それ以降になると、紅葉シーズンに入ってまともに走れたもんじゃなくなってきます。
■のんびりペースだった今回のツーリングの目玉は、各人のバイクを交換して走ること。
アメリカンからモタード、スーパースポーツまでいる豊かなラインナップ。
かなり楽しめたので、それをメインに今回の記事を書きたいと思います。
車両インプレなんて初めて書くので、あまり厳しい目で見ないでくださいね(苦笑
-----------------------------------------------------------------------------------
 ◇グラストラッカー ビッグボーイ
 fi02.jpg
 いろは坂を登り、中禅寺湖から戦場ヶ原への軽いワインディングで乗りました。
 ストールするんじゃないか?と思うくらいの低回転からでも回るエンジンにびっくり。
 250ccの単気筒で、割とショートストロークという話を聞いていたんですが、
 思った以上に粘ります。
 オーナーさんが高速道路を多用するので、いろんな箇所ののヤレが目立ったんですが、
 軽い車体が幸いしてヒラヒラと走れました。ライン取りさえ間違えなければ、
 結構バンクしても食いついてくれます。いや、コレ結構面白いぞ。
 正直ストリートスタイルのバイクだと思って舐めていたんですが、
 簡単に扱えて楽しいバイクです。もし2台体制のサブとして250cc買うんなら、
 十分選択肢として“有り”だ思いました。
  ◇XJR1300
  oc_bike_05.jpg
  キャブ仕様のXJR1300です。
  あまりメンテナンスをされない方で、結構走っているのでリアサスが甘め。
  それでも大排気量ネイキッドは速かったです(汗)
  安心して"走る・曲がる・止まる"ことが出来ました。
  最初ギアをガチャガチャ変えて走っていたんですが、別にこんなことしなくてもいいんだ
  と気がついて、4速くらいに固定し駆け抜けたら超楽しい♪ ワインディングも楽ちん♪
  リッターネイキッドに乗っている友達とツーリングしていて、
  「なんであんなスピードで突っ込めるんだ?」
  とか思っていたんですが、基本性能がこれだけ違うのね。十分納得しました。
  
  あと、LTDみたいなどっかりと座るスタイルに慣れてしまうと、
  ネイキッド程度の前傾姿勢でも、腕にかかる体重に違和感を覚えました。
  イカンなこれは…。
   ◇CB1300SF
   cb1300sf-sc54main.jpg
   XJR以上に乗りやすいです。
   エンジンのまわり方が本当に車みたいでした。
   滑らかに加速し、ラフなシフト時の衝撃を綺麗に吸収し、素直に曲がっていく…。
   でかいママチャリみたいです。
   あと熱い…。ジーンズで乗ったら内股が拷問です(涙
 ◇DR-Z400
 a4d7d6af038c6827c0b9661dbc8d3d78.jpg 09drz400sm_main.jpg
 おもしろい!何だこの操縦性は!
 チョット失敗してもリカバリーできる!どんなラインでも曲がっていく!
 出来がいい出来がいいと噂で聞いていたんですが、こんなに楽しい乗り物だったとは。
 なによりサスペンションの作りが凄くて、コーナリング時は粘る硬さを持っているのに、
 十分にストロークしてくれます。LTDに乗ってもらった先輩が「ゴトン!」と地面からの
 突き上げを食らっている段差を、何事もないようにクリアしていく柔軟性…
 サスペンションの重要性、ようやくわかりました。良いサスのマシンは普段使いも
 楽なんですね。
 ただ、「走る三角木馬」の異名を持つ、固く細く鋭角なシートは、
 30分も走ったら自分の臀部を痛めつけだしました。長く乗ってられないです。。
 ワインディングはもちろん、峠道なんかは最高に楽しいマシンだと思いました。
 
 ちなみに現在メーカーカタログ落ちで、
 スズキのお店では破格の値段で投げ売り中らしいです。興味がある方は急げ!!
//// 結論 ////
月並みな表現ですが、新しいバイクは乗りやすいです。
本当に乗りやすい。。
LTDだと、
 ブレーキ&シフトダウンで減速してマシン倒しこみ、
 立ち上がりかけてに逆荷重を当てバイクを起こしつつ、
 トラクションがかかるのを感じながらスロットルを開けていく……

というような作業をしながらコーナリングしているんですが、
現代バイクだとリーンウィズでおしまい。  あ~こりゃ楽だわ。楽だし安全。
まあLTDにもどったら戻ったで、“操る面白さ”みたいなのを感じられるんですよね。
完全に背反してて結論になってませんがw
ちなみにメンバーのLTDへの評価は、“とにかくシートとポジションが楽ちん”。
コレに尽きるみたいでした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<<参考>> すれ違ったバイクで多かったもの。
 ●ハーレーダビッドソン
 20090426_1100613.jpg P1050749.JPG
  コレはもうダントツ。。みんなハーレー大好き。ズンドコ病患者は増殖中です。
  山道でも、有料道路でも、うちの近所の国道でもハーレー軍団。。
  「日本で売れている大型バイクの半分はハーレーだ」
  とかいう噂も実しやかに語られているほど。
  ハーレーダビッドソンジャパンのマーケティングは流石と言わざるをえないでしょう。
  団体様のマナーがもう少し良ければねぇ。。。
 ●ZZR-1400 ●GSX-1300 隼
 zzr1400.jpg gsxr1300r-hayabusa.jpg 
  この2車種も凄く多かったです。
  日本が誇る、最高速を競うメガツアラー。300km/hを狙うモンスター。
  国内で走らせられる場所無いだろ?って思っている部分もあるんですが、
  そんなことお構いなしの圧倒的な人気です。皆“一番”が大好きなんでしょう。
  ホンダがバイクのコンセプトを「乗り味」とか「等身大の扱いやすさ」などに
  コンセプトをシフトしつつ有るように感じるので、
  スズキとカワサキはこの調子でガンガン尖っていって欲しいと思います。
 ●CB1100
 intro01_b.jpg
  「オヤジ殺し」と評判の新型空冷バイク。
  発売されてからさほど経ってはいませんが、5~6台は目撃しました。
  売れてるんですね~。こういうのを待っていた!って人が多いのでしょう。
  確かに現行のバイクでは雰囲気はダントツです。
  価格も100万円切っています。個人的にはハーレーよりこっちがいいかなぁ。
 ●ZRX (400、1100、1200)
 0801_zrx1200.jpg
  ベストセラーのカワサキネイキッド。
  定番車両としてバンバン走っていました。
  個人的にあまり興味をひかれる車種では無いんですが、
  その存在感に魅了される人は多いとのこと。
  自分の友人も以前乗ってたしなぁ。機会があったら乗ってみたいバイクです。
以上、こんなかんじで~。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

WPLTD




 

AD



このブログで今週人気の記事です

-その他のモーターサイクル, ロングツーリング

Copyright© Z400LTD.net , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.