Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

栃木市へのツーリング 蔵の街川の街編

      2016/01/02

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

DSC_0016.jpg

先週の土曜日。

 

DSC_0021.jpg

8月30日に栃木市にツーリングに行きました。 集合場所は栃木駅です。

 

DSC_0019.jpg

一緒に行ったのは、嫁のYさん、F川さん そしてモリタくんです。

以前スズキのK90を使った、ビジバイモトクロス、 いわゆるビジクロスでお世話になりました。 小排気量のマシンに対して興味を抱くキッカケをくれた人です。

 

DSC_0023.jpg

2年ぶりくらいの再会でした。 全然変わってなかったです。

 


●久しぶりのエンフィールド

F川さんは久しぶりのエンフィールドでの参加。 モリタくんは車での参加です。

 

DSC_0020.jpg

水曜どうでしょうの藤村Dを髣髴とさせる雰囲気を身にまとうF川さん

 

DSC_0010.jpg

前回の別冊 モーターサイクリストのロイヤルエンフィールド特集で、 F川さんは一躍全国デビュー。 町を走っていると、

「あんちゃんかっこいいバイク乗ってるなぁ」

「これ雑誌に乗ってなかったかい??」

と言われるようになったとか。

 

DSC_0013.jpg

色々なボルトが外れ、 固定が甘くなり、 エンジンの表面は白サビが浮いています。

ちなみにこのバイク製造4年目です。走行距離は33,000kmオーバー。

 

DSC_0014.jpg

30年選手のLTDと比較しても 遜色のないやれっぷりを見せています。

 

IMG_3617.jpg

ひと通り話終わった後、 バイク2台+車1台で、うどん屋さんに行きました。

 

●屋内保管のミントコンディション

DSC_0026.jpg

栃木市で食事を済ませ、 少しウロウロしてみようか、ということに。

モリタくんが、 「駐車場から戻ってくる際に、LTDが置いてあるお菓子屋さんが有りました」 という情報を教えてくれました。

 

DSC_0027.jpg

行こうとしていた方向の通り道だったので、 二つ返事で行ってみることにしました。

 

DSC_0029.jpg

マジで置いてあったw 普通に店の中に無造作に。

 

DSC_0030.jpg

埃かぶって、外装が錆びまくっている Z250LTDでした。 可愛らしいお店のおばあちゃんの話だと、

 

もう十数年は置いてある。 時々バイクに詳しい人に拭いたりしてもらっていた。 ここ数年は何もやっていない タイヤが潰れてしまっているので、そのままでは走れない。

とのこと。

 

DSC_0031.jpg

外装のサビ等が結構有りますが、変な改造はされていないので、 多分バッテリー入れ替えて、キャブ清掃したらエンジンは掛かりそう。 レストアベースで、 外装の具合を期待しないベース車両としてみたら、 悪くないのかもという気が。 普通に売り出し中とのことです。 熱意を伝えれば、すんごい値段で譲ってくれるかも。

 

DSC_0034.jpg

むか~しからやっているというお店。

 

DSC_0035.jpg

小道具がいちいちかっこいい。 通りがかりの人でも、 バイクや、赤いポスター群に惹かれて入ってくる人が そこそこ居るよ、とおばあちゃんが言っていました。

 

 

●ぶらり、路駐の旅

 

おかし屋さんを後にして散歩再開。

DSC_0037.jpg

きれいな錦鯉。

 

DSC_0038.jpg

その巨躯と美しさに感動するMINORUと、カットインするおじい。

 

DSC_0049.jpg

DSC_0041.jpg

DSC_0051.jpg

DSC_0039.jpg

この辺りから、完全にテレビ東京系のぶらり番組の様相を呈してきました。

 

DSC_0042.jpg

DSC_0057.jpg

栃木市は「蔵の街」を売りにして観光地化を図っています。

川越のように観光客がごった返すでもなく、 人々が生活している中に迷い込んだような感じが、 過剰演出になっておらず大変バランスよく感じます。

 

DSC_0053.jpg

蔵もすごいですが、川の流れが有るのが気持ちいいです。

風も通るし、 水もとてもきれいなので、色んな物を洗い流してくれるような 清々しい気持ちになります。 個人的に「小さな橋を横から見る」のも好きです。 小さな川に、橋がたくさんかかる栃木市周辺の町並みは、 歩いていてこの上なく楽しく感じます。

 

DSC_0045.jpg

その橋から嬉々として川を覗き込み、

 

DSC_0046.jpg

鯉に餌をあげるアラサー3人。

 

DSC_0055.jpg

幸来橋周辺の船着場。

 

DSC_0056.jpg

巴波川(うずまがわ)の川下りが名物なのですが、残念ながらお休み。

かなり強い決意でで乗ろう!と思っていたところだったので、 正直だいぶ残念でした。

 

DSC_0054.jpg

そんな僕らを高いところから見下ろす「鵜」。

カラスか思っていたら、 「ぐわぁぁぁ~ ぐえぇぇぇ~~~」という気の抜けた変な鳴き声をしたので、 よく見たら鵜でした。多分カワウです。 まさか鵜を見れるとは思いませんでした。

 

DSC_0059.jpg

「面白そうな路地があるので入ってもみよう」 と自分が提案し、突入して歩いている図。 最初は探検ごっこのように嬉々としていたのですが、 途中から急激に道幅が狭くなり、 長屋風の人家の玄関先が丸見えになるような情景と圧迫感に襲われ、 皆、終始無言に。 小学生の時にやったようなドキドキ感を味わいました。

 

DSC_0061.jpg

F川さん向けに、 バジャジのかご2代目を探す買い物ツアー。 3人で、昔ながらの小道具やさんの暖簾をくぐりました。

 

DSC_0060.jpg

DSC_0062.jpg

しゅろ箒とか、すだれとか、大小の竹で編んだかごが多数陳列。 作りもしっかりしていて、値段も安い。 ホームセンターで売っているアジア製よりも、 コストと寿命考えてお得かもしれないと思いました。 また今度買いに来ようと思いました。

 

DSC_0063.jpg

そんな感じで栃木市をぶらりと歩いた後、

「スーパーカーを置いた博物館が有る」 とのモリタくん情報を元に、 魔法陣スーパーカーミュージアムなるスポットに行くことにしました。

 

後半に続きます。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

 - ロングツーリング, 旅行