Z400LTD.net

Z400LTD.net -カワサキの旧車をハブにして、 整備・ツーリング・イベントなど、広がる世界を記すBlog.

バイク乗り初心者がサバゲー参戦(装備)

      2016/01/02

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

前回の記事で、 モリタ君主催のサバイバルゲームに参加させていただいた事を書いたかと思います。

ここで、未体験者の方のサバイバルゲームに関した疑問に、 1回参加しただけのMINORUが答えます。

 

 

 


Q.撃たれたら痛くないですか

A.痛いです。

特にしゃがんで体を縮こませている時、 どうしても服が背中や太ももに張り付いてしまいます。

そこを撃たれるとものすごく痛いです。 弾丸が地肌に当たるのと、あんま変わりません。

 

1421240774904.jpg

今回は市街戦を想定された狭いフィールドだったので 交戦距離が近いこともあり、余計にそう感じました。

広いフィールドだと、遠距離射撃で当たってもあまり痛く感じないそうです。

220px-Crossfireguns.svg.png

●一番痛かったのは敵陣に潜入し、あと少しでフラッグだ!という所まで攻め込んだとき。

不用意に前にでたら敵に発見され、前方と右舷の2方向から十字砲火を喰らいました。 ちなみに敵の一人はF川さん。

 

sideburns.gif

たまたま露出していた「もみあげ」の部分に被弾し 虫に刺されたような跡ができました。しこたま撃たれた後は、正直心が折れてしまうような感覚になります。 でもしばらくすると またフィールドに駆け出したくなる、 そんなサバゲーは不思議な魅力があるゲームです。

 

 

Q.服装は自由ですか?

A.基本的に自由でした。

 

ベースは割と厚手で、地味な色で、汚れてもいい格好

でも先ほどさんざん述べたように、薄手の服は当たると痛いです。

2015-01-11 10.49.31.jpg

目を防護するゴーグルは必須装備です。ゴーグルなしでは見学もNGです。

どのフィールドでも、500円くらいでレンタルできるようです。

 

1421240769558.jpg

長袖長ズボン、手袋、口元や首が露出する場合は、ネックウォーマーやバンダナ、 スポーツタオルで防護、ニット帽などの帽子。 できることなら、耳とかもみあげが露出ないような工夫をするとベストです。 ブーツがいいと思いますが、スニーカーの人もいました。 ただ素足サンダルはNG。転んで怪我します。 このあたりは、後ほどまた書きたいと思います

 

Q.疲れませんか?

A.普段使わない筋肉が、翌日悲鳴を上げます。

 

ゲーム中は、基本的に体を丸めます。 撃たれると痛いので、自然と体がすくむのです。 物陰に隠れる時は片膝立ちや、四つんばいに近い状態でしゃがみます。 移動する時は、極力腰をかがめて中腰ダッシュ。 そしてまたしゃがむ。

 

i320.jpg

スクワットをしてダッシュを繰り返すようなスポーツでした。

あまり鍛えていないと、必然的に膝や太ももがガタガタになります。 それにサブマシンガンクラスになると、銃も意外と重い。 自分が使ったH&K G3 SASという サブマシンガンが、そこそこ重いというのもあったのですが、 右に左にと振り回していると、知らずすらずの内に右腕がぱんぱんになりました。

 

いい運動になりますよ~。

 

Q.お金はどのくらいかかりますか?

A.1日遊んで1万円もかかりませんでした。

url.jpg

今回かかったお金は、 参加費3600円に銃+マスクのレンタルで3000円。

BB弾などの消耗品が400円くらいで、7000円程度で遊べました。 10時スタートで17時解散だったので、7時間くらいです。 おなかいっぱい楽しめました。 

 

 

●本題

 

で、ここからが本題。

初めてのサバゲーで感じた事が、 「バイクの装備がだいぶ流用できるな」という事です。

ジャケットに、ブーツに、グローブ。そしてプロテクター。

僕も腰回りのプロテクターはスノボ用を流用しています。 もちろん本物のミリタリーウェア等に比べれば、 設計の意図とは外れているので荒は目立つと思います。 ですが、 「初心者がとりあえず参加して、被弾の痛みを抑制できる手持ちの道具」 という点では、十分なクオリティではないかなぁと感じたのです。 ちょっと並べてみたいと思います。

 

●ジャケット

DSC09223.jpg

夏物のメッシュジャケットなどは、適度に厚手で柔らかい素材なので、 そのまま使えそうだなぁと感じました。

とくにソフトプロテクターが入っている物は、 胸部・背部における被弾時の痛みを低減しつつ、動きやすさを確保できると思います。

 

DSC09247.jpg

ただ冬も走れるようなゴツイ奴は、激しい動きには不向き。

ごわごわするし、硬いナイロン生地がすれると音がするし、 “チタンのアウターガードにハイウェイマジシャン”とか大きく書かれていると、 隠密行動もクソもありません。

 

自分も上の写真で着ていた、1枚メッシュジャケットを持っています。

プロテクター付きで、夏場のハイスピードツーリングをする時用として持っていて、 こいつは結構夏場も快適。次回はそれを持って行きたいです。

 

●ベスト

2013-01-272014.00.03.jpg

ライディングベスト、もしくは厚手のデニムベストなども、 被弾時の痛み軽減には有効だと感じました。

ポケットが付いているものは、小物も入れられます。

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

ページ: 1 2

 - バイク以外の遊び